水圧式の装着型「サイボーボーグハンド」とロボットアーム「メカクリッパー」発表 エレキットシリーズから

電子工作キットやロボットで学ぶプログラミング教材等を販売するイーケイジャパンは、4月17日(金)に「サイボーグハンド」「メカクリッパー」の2製品を新発売することを発表した。


水圧パワーで動くゴッドハンド「サイボーグハンド」

サイボーグハンドは手に装着することでサイボーグ感覚を味わえる組み立て式のハンド。組み立てることでニッパーやドライバーの使い方の他、組立て方や空気圧と水圧の違い等の基本も同時に学ぶことができる。必要な工具はニッパー、ドライバー(No.1)、ハサミ。


特徴
特徴1.乾電池不要
特徴2.水圧シリンダーを利用したスムーズな動き
特徴3.左右のどちらの手にも装着可能
特徴4.指の角度等細かな調節が可能

それぞれの指は、水圧式シリンダーでスムーズに動き、パーツの位置を変えることで右手用・左手用のどちらにも装着することが可能。さらに、サイズ調整機能もついているため子どもから大人の手にもフィットする。圧倒的な迫力と存在感、指の動きがダイレクトに伝わる感触は、大人・子供を問わず心をわしづかみにする。価格は3,520円(税込)。


画像はイメージ


「商品名・価格・仕様」
●品名:サイボーグハンド
●型番:MR-9112
●サイズ:約H125×W205×D400 (※各指を標準位置にした場合)
●重さ:約400g
●部品点数:201点
●持ち上げ可能荷重:つかむ場合約600g 指にかける場合 約60g
●駆動方式:水圧
●対象年齢:10歳以上
●工作時間:3時間
●工作に必要な工具:ニッパー、ドライバー(No.1)、ハサミ


エレキット史上最高峰の難易度「メカクリッパー」

メカクリッパーは、2本のジョイススティックで操作するロボットアーム。ベース・肩・ひじ・グリッパーの4つの関節を自在に動かすことができ、これらの動きをたった一つのモーターとギアの組合せで実現している。グリッパーは、横向きと下向きの設定が可能。クレーンゲームや積み木を運ぶ等色々な動きをさせることができる。工具はニッパー、ドライバー(No.1)、ハサミが必要。価格は4,840円(税込)。


電子回路やプログラミングで動かすロボットアームとは一味違う、メカニカルな操作感を楽しめる。

「メカクリッパー」は、エレキット史上最高峰の難易度と言われるほどの緻密な作品。前代未聞の部品数で、ネジだけでも50本有り、ギア数も他製品と比べて多く工作時間は4時間超えを想定している。



その分完成した時の達成感や充実感が味わえる。また、細かすぎる解説書を見ながら、自分で作る楽しさと動く原理の仕組みを学ぶことで、読解力・思考能力も高めることができる。


株式会社イーケイジャパンは電子工作キットやロボットで学ぶプログラミング教材等を販売する企業。同社の代表商品「エレキット」は、ものづくりを通じた新しい「教育」をモットーに、楽しみながら学べる工作キット。作る喜びや完成の達成感等、既製品では決して味わうことのできない要素をキットに込めている。詳しいイラストや分かりやすい説明文がついた組立説明書が付属しており、図を読み解く力や正しい工具の扱い方を学べる。自分で組み立てることでモノの動く仕組みがわかり、科学や工作への興味・関心を刺激する。




「商品名・価格・仕様」
●品名:メカクリッパー
●型番:MR-9113
●サイズ:約H260×W165×D520(※アームを伸ばした時)
●重さ:約600g
●部品点数:310点
●持ち上げ可能荷重:約50g
●駆動方式:単1アルカリ電池2本(別売)
●対象年齢:10歳以上
●工作時間:4時間
●工作に必要な工具:ニッパー、ドライバー(No.1)、ハサミ


ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム