【びっくり】BBT大学・大学院が「アバター卒業式」 全日空のロボット「newme」(ニューミー)で遠隔の卒業生へ証書を授与

「もしやエイプリルフールのネタ?」と感じてしまうほど、新鮮で斬新な光景だが、これは実際に行われた卒業式の様子。

大前研一学長からの卒業証書の授与

ビジネス・ブレークスルー大学・大学院(以下、BBT大学・大学院)は、学生が遠隔地から自らの分身としてのアバターロボットを操作して、大前研一学長から卒業証書を受け取る完全オンラインの卒業式を開催した。卒業式における「newme」(ニューミー)の活用は、BBT大学・大学院が世界初としている。

卒業ガウンとハットを身にまとった「newme」が歩行

式典では卒業生を代表して4名の卒業生(学部2名、大学院2名)が自宅から「newme」(ニューミー)を操作。卒業式に参加したBBT大学大学院修了生の男性は、「入学時はまさか自分がアバターを操作して卒業式に参加するとは思いもしなかった。プライベートの空間にいながら、公の場で卒業証書を受け取るのは斬新な経験」と感想を述べた。


卒業証書をロボットで受け取る

世界中の学生がオンラインで経営を学ぶBBT大学・大学院では、2020年3月28日(土)、東京都千代田区のホテルグランドパレスにおいて、新型コロナウイルスに対応して完全オンラインの卒業式を開催。ANAホールディングスの特別協力を得て、同社が独自開発した普及型コミュニケーションアバター「newme」を導入し、卒業生らが遠隔地からアバターロボットを操作して卒業証書を受け取るという取組を行った。


BBT大学のアバター卒業式

式典では卒業生を代表して4名の卒業生(学部2名、大学院2名)が自宅から「newme」を操作。他の卒業生はZOOMによるオンライン参加で視聴した。「newme」は、タブレットを「顔」として備え、四輪の「足」で移動できる。司会者から名前が呼ばれると、BBT大学の卒業ガウンとハットを身にまとった「newme」が、操作する卒業生の顔をタブレットに映しながら登場し、大前研一学長から卒業証書が「手渡し」された。

卒業生総代によるアバター答辞

大前研一学長からは、「建学の精神でもある「知のネットワークは、人間の能力を無限に伸ばす」ことを信じ、これからも努力し続け、世界で活躍してください。」と卒業生に激励のメッセージが送られ、式典の結びとなる答辞は、卒業生総代のアバター参加によって「newme」で行われた。また、ZOOMでオンライン参加した卒業生からは、リアルタイムで感謝を綴るコメントが送られた。


全国各地から卒業生がZOOMで参加


式典のあり方について模索する機会を創出したい

「newme」にアバターインして卒業式に参加したBBT大学大学院修了生の男性は、「入学時はまさか自分がアバターを操作して卒業式に参加するとは思いもしなかった。プライベートの空間にいながら、公の場で卒業証書を受け取るのは斬新な経験」と感想を述べた。


インタビューに答える卒業生

「アバター卒業式」を企画して総合プロデューサーを務めたBBT大学経営学部グローバル経営学科長の谷中修吾教授は、「新型コロナ対策が求められる中、アバターの導入で温かみのあるオンライン卒業式が実現できてうれしい。本取組が、卒業式や入学式の開催に悩む教育機関の皆様の参考になれば幸いです」と話した。



新型コロナウイルスの広がりによって、多くの教育現場において卒業式や入学式など学生の門出を祝う式典の実施が影響を受けている。BBT大学・大学院は今回の取組を通じて、多くの教育機関と共に、オンラインの可能性を拡張した式典のあり方について模索する機会を創出したいと考えている。

関連サイト
BBT大学・大学院

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム