ローカル5Gで自律走行型ロボット(AGV)を遠隔操作 ミリ波通信で性能向上や新ソリューション開発へ DMG森精機とNTT com

自律走行型ロボット(以下、AGV)に「超高速」「多数同時接続可能」「低遅延」などの特性をもつ「ローカル5G」を活用することで、高精細な位置情報・詳細な稼働情報取得による自動走行の精度向上や安全性向上、エッジコンピューティング側でのデータ処理負荷軽減による車体の軽量化など、高性能化への寄与が期待されている。

「ローカル5G」は、企業や地方公共団体、学校、イベント会場など、敷地内に基地局を設置して「5G」環境を利用するサービス。通信事業者が全国で展開する5G通信サービスと異なり、用途やユースケースに合わせて設置できる。

DMG森精機とNTTコミュニケーションズ(以下、NTTCom)は、ローカル5Gを活用して、無人搬送車に人協働ロボットを搭載したAGVの遠隔操作などを行う共同実験を2020年5月21日より開始することを発表した。

ローカル5Gの活用により期待されるメリット

DMG森精機とNTTコミュニケーションズは共同実験を通じてその実現可能性を検討する。(冒頭の写真はDMG森精機が開発中のAGVロボット「WH-AGV5」)

DMG森精機は工作機械の使用環境に適したAGVを自社開発

DMG森精機では工作機械の使用環境に適したロボットの動作や、床の凹凸に対して高い接地安定性を有した独自構造のAGVを自社開発している。走行制御にはSLAM技術を採用し、自律走行が可能。さらに、搭載された人協働型ロボットにより、工作機械へのワーク着脱を実現している。


無人搬送車に人協働ロボットを搭載したAGV

DMG森精機はお客が10年、15年と工作機械を使えるよう、計測、稼働監視、センシング機能などさまざまなデジタルソリューションを提供してきた。特に近年は変種変量・多品種少量生産の実現、また生産性向上、スキルの標準化など、お客の生産現場が求められるニーズは大きく変化し、自動化設備を検討するお客が増えている。同実験を通して、5Gの「超高速」、「多数同時接続可能」、「低遅延」という特性を活用することにより、AGVの更なる性能向上や新たなソリューション開発を行う。

同社は「「超高速」、「多数同時接続可能」、「低遅延」な通信環境を実現するローカル5Gを用いてAGVの稼働実験を行うことで、当社製品の高機能化の実現に期待をしています。」とコメントしている。


ローカル5Gを介したAGVの遠隔操作を試験

実験ではDMG森精機の伊賀事業所内における28GHz帯の実験試験免許を取得し、ローカル5Gネットワークを構築することで、生産現場におけるローカル5Gの電波伝搬、通信品質を調査・測定するとともに、ローカル5Gを介したAGVの遠隔操作を試験する。実験期間は2020年5月21日~2021年4月まで。


実験場所:DMG森精機 伊賀事業所
■実験項目(予定)
1.電波伝搬試験(受信レベルの測定や干渉状況の調査)
2.通信品質試験(遅延やスループット性能、パケット誤り率の測定)
3.アプリケーション試験(ローカル5Gを介したAGVの遠隔操作試験)
-AGVに対するローカル5Gの安定した通信可否の評価
-離れた場所で稼働するAGVの稼働状況の見える化

DMG森精機は実験場所、アプリケーション試験の実施などを行い、NTT Comはローカル5Gの設備設計、構築、運用、ローカル5G活用ユースケースの検討などを行う。

■各社の役割

DMG森精機
・実験場所の提供
・アプリケーション試験設備の提供
・アプリケーション試験の実施
・ローカル5G活用ユースケースの検討
NTT Com
・実験試験免許の申請、ローカル5Gの設備設計、構築、運用
・電波伝搬試験および通信品質試験の実施
・ローカル5G活用ユースケースの検討

NTT Comは、デジタルトランスフォーメーション(DX)を通じて、工場を有するお客さまの課題を解決する「Smart Factory」を重点領域の一つとして推進している。その実現に向け、ローカル5Gが、データを価値あるものとして利活用するデータ収集・伝送機能における重要な技術であると捉え、活用ユースケースの蓄積を推進している。

両社は共同で実験に取り組むとともに、確認された課題に応じてさらなる検証を行うことで、ローカル5Gの本格導入に向けた検討を進めていく。また、実験を通して、複数のAGVや設備を繋げて工場全体のデジタル監視を行うなど、より高度な生産改善が可能な製品開発やソリューション提供の実現を目指す。

関連サイト
DMG森精機
NTT Com

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム