STがSTM32マイコン用のソフトウェア・パッケージを発表 機器の状態モニタなど、データ収集、ソリューション生成・学習・監視が可能

STマイクロエレクトロニクス(以下、ST)はSTM32マイクロコントローラ用のソフトウェア・パッケージ「FP-AI-NANOEDG1」を発表した。「FP-AI-NANOEDG1」はSTM32マイコン開発ボードを使った組込みAIベースの産業機器状態モニタ用システムの迅速な構築・学習・実装を可能にする。同ソフトウェア・パッケージはSTのウェブサイトから無償でダウンロードできる。なお、ハードウェアへの実装にはCartesiam社の標準的な料金が適用される。


認定パートナー企業であるCartesiam社と共同開発

機械学習の高い専門性を持つSTの認定パートナー企業であるCartesiam社と共同開発したFP-AI-NANOEDG1ソフトウェア・パッケージには、センサ・データの収集や統合、およびCartesiam社の機械学習ライブラリ生成ツールであるNanoEdgeライブラリを実行するドライバ、ミドルウェア、ドキュメント、サンプル・コードがすべて含まれ、STM32マイコン開発ボードを使用したデータの収集やソリューションの生成・学習・監視が可能。
また、無償開発ツールやソフトウェア、STM32開発エコシステムのサポートを活用することで、概念実証モデル(PoC)を短期間のうちに低コストで作成し、アプリケーションをその他のSTM32マイコンに簡単に移植することも可能。このソリューションはクラウド上のAIに依存しないインテリジェント・エッジ・デバイスでデータをローカルのデバイス上で処理するため、潜在的な機密情報の管理を強化できる。

機械学習に関する専門的なスキルを持たないユーザでも、Windows10またはUbuntu PCで動作するCartesiam社のAI開発環境「NanoEdge AI Studio」を使用することで、アプリケーションに応じた機械学習ライブラリを短期間で作成し、エクスポートできる。

STM32L562E-DKについて
STM32L562E-DKには超低消費電力マイコン「STM32L562QEI6QU」、3軸加速度センサと3軸ジャイロ・センサを集積したiNEMO6軸MEMSモーション・センサ、MEMSマイク(2個)、TFT-LCDモジュール(240×240カラー)、およびSTLINK-V3Eデバッガ/プログラマが搭載されている。STM32L562E-DKはSTのウェブサイトまたは販売代理店から入手可能。参考価格は約76.00ドル(日本円で約8,099円)。



STマイクロエレクトロニクスについて

STマイクロエレクトロニクスは約46,000名の従業員を擁し、包括的なサプライ・チェーンと最先端の製造設備を有する世界的な独立系総合半導体メーカー。約10万社のユーザーや数千社のパートナー企業と協力しながら、ユーザーのビジネス創出や持続可能な社会をサポートする半導体ソリューションの開発ならびにエコシステムの構築に取り組んでいる。STのテクノロジーはスマート・モビリティ、電力エネルギー管理の効率化、IoT・5G通信の普及を可能にする。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム