脳活動センサーでザクを動かすことに成功 NeUとバンダイが発表 「ZEONIC TECHNICS」で試作開発、SDK提供予定も

国立大学法人東北大学と日立ハイテクのジョイントベンチャーであるNeU、バンダイは、両社のリサーチコラボレーションにより、バンダイの「ZEONIC TECHNICS」を自身の脳活動のコントロールにより動かす試作開発に成功したことを発表した。


脳血流量の変化を動作コマンドに変換

【仕組みの図】

(C)創通・サンライズ

超小型脳活動センサー(XB-01)によって取得された脳血流量変化のデータは、無線通信によりスマートフォンに転送される。スマートフォンにはミニチュアザク(システム試験用)をコントロールする専用アプリケーションプログラムが内蔵され、今回XB-01専用SDK(ソフト開発用モジュール)を組み込むことにより、利用者の脳血流量変化を3段階のレベルに割り当てている。

これをあらかじめ設定した動作コマンドに変換し、無線通信にてミニチュアザクに送信することで、ユーザーが脳をコントロールすることでミニチュアザクを3段階に動作させることができる。なお、今回試作開発したロボットやアプリケーションの販売については、現状未定。


操作風景 (C)創通・サンライズ

構成 (C)創通・サンライズ

NeUは近赤外(NIRS)を用いて日常生活での脳血流量の活動を計測する技術を持ち、その超小型センサーを応用した家庭用のサービスとして、脳を計りながら鍛える脳トレ(Active Brain CLUB)などを提供している。一方バンダイは「ZEONIC TECHNICS Robotics and Programming Course I」にてミニチュアザクをスマートフォンアプリでコントロールする商品を提供している。今回のリサーチコラボレーションは、これらの技術を融合することにより実現した。



XB-01用SDK、今後の展開

NeUは今回開発したXB-01用SDKを基に、新たな形のブレインフィットネス・トレーニングへの活用や、プログラミングを学ぶSTEM教育への活用シーンが創生できると考えている。
例えば、ブレインフィットネス・トレーニングでは従来、課題と脳活動の状態をスマートフォンなど画面に表示することで行っているが、ロボットなどリアリティあるものをコントロールすることで、ユーザーのモチベーションを向上させたり、ホビーとして楽しむ行為が、自然に脳の活性化を促すことにつながる、新しいブレインフィットネス・ソリューションなどを実現できると考えている。

SDKの提供については企業との協業をベースに今後、検討予定(XB-01用SDKに関してはNeUにお問い合わせください)。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム