複数都市の自動運転モビリティをひとつのコントロールセンターで遠隔監視 東急や名大らが協働で実施 観光型MaaS連携も視野に

東急株式会社は国立大学法人東海国立大学機構名古屋大学、株式会社ソリトンシステムズなどと協働し、2020年12月17日〜25日まで、伊豆高原駅周辺(静岡県伊東市)にて遠隔型自動運転モビリティの実証実験を実施することを発表した。(上の画像は自動運転モビリティ車両のイメージ)

東伊豆の象徴的な観光地である伊豆高原駅周辺は、多くの観光施設があるものの、急な坂が多く、観光客の利便性に課題を抱えている。実証実験ではスマートフォンMaaSサービス「izuko」や伊豆高原駅に設置されているテレビから、自動運転システムを搭載した小型バスタイプの電気自動車「izukoいずきゅん号」を、需要に応じて呼び出すオンデマンド方式で運行し、安全性など、サービスの実用化に向けた課題の検証を行う。



自動運転システムを搭載した「izukoいずきゅん号」は伊豆高原駅周辺の公道約2.8kmの区間を走行する。運賃は無料。運行時間は11時~15時まで(20分に1本程度)。名古屋大学は自動運転車両の公道での走行性、停止性などの走行に関連する事象を検証。東急は自動運転車両が走行中に道路条件により停止した場合など、遠隔コントロールセンターからの遠隔監視・操縦のオペレーションを中心に検証する。



コントロールセンターのイメージ


1カ所の遠隔コントロールセンターから、複数都市の車両を遠隔監視

今回の実証実験は将来的に一人のオペレーターが複数台の自動運転車両を運行管理する効率的な移動サービスの構築を目指し、伊豆高原駅付近に複数台の自動運転車両を監視・操縦可能な遠隔コントロールセンターを設置し、運行する車両の遠隔監視・操縦と、静岡県主催の自動運転実証実験プロジェクトにおいて、下田市で運行する自動運転車両の遠隔監視も行う。


遠隔操縦は伊豆高原の車両のみ

従来、4G(LTE)の通信インフラを使用したリアルタイムの監視・操縦は、通信遅延などの問題により難しいと考えられていたが低遅延の伝送技術の開発により実現。なお、1カ所の遠隔コントロールセンターから、複数都市の車両を同時に遠隔監視することは日本初。

実証実験では遠隔コントロールセンターのオペレーション構築および将来の無人化に向けた技術課題と安全性の検証を行うことで、伊豆半島をはじめとした地域内の移動における課題解決の可能性を探り、今後のサービス開発に向けた取り組みを推進する。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム