日通本社ビルがアバター警備ロボットを実証実験 Mira Roboticsの次世代型警備ロボット「ugo TS-P」

総合ビルメンテナンスの大成株式会社と、アバターロボットの開発を手掛けるMira Robotics株式会社は、日通不動産株式会社と共に、日本通運本社ビルで、セキュリティ特化モデルである警備アバターロボットugo TS-Pの実証実験を実施。同実験は、ugo TS-Pが受付での立哨警備業務、各フロアの巡回警備業務を行うもので、概ね無事に終了したことを2020年11月27日に発表した。

日通不動産株式会社は不動産のトータルコンサルティング会社でビルマネジメントからビルサポート、警備の施設管理をしている。今回、実験を行った日本通運本社ビルの警備も担っている同社の、事業所長は以下のように述べている。

日通不動産株式会社 ビルマネジメント事業所長

「人に代わってロボットがお仕事をする」。子供の頃に夢見た想像の世界が現実化しています。ugoもその世界を演出するテクノロジーの1つ。省人化、自動化を進めていく中でロボットの導入は欠かせません。ロボットと人が同じフィールドに立ち、それぞれの強みを活かす。その答えがugoにあるように思います。




次世代型アバターロボット「ugo(ユーゴー)」とは

“ugo”は2本のアームと高さ調整により遠隔で様々な業務を行うことができるアバターロボットで、AIによる学習機能で同じ稼働条件下であれば自動モードも可能。従来の単純な遠隔操作ロボットと完全自動化ロボット双方の利点を併せ持つ次世代型ロボットだ。Mira Roboticsでは、Withコロナ時代の到来によって省人化・自動化が一層求められているビルの保守・運営業務に対し、“ugo”を活用したビルメンテナンスサービスを開発していく予定だ。



■【動画】警備ロボット ugo(ユーゴー)


ugo公式サイト:https://www.ugo.plus/

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム