もしも「ひみつ道具」に通信制限があったら…「ソフトバンクのドラえもん」実写化テレビCMシリーズ最新作は主要キャラ全員集合

ソフトバンクは「もし、ドラえもんのひみつ道具に制限がかかったら…!? 5Gって ドラえもん?「未来からの意見」篇を元日に公開した。
5G(第5世代移動通信システム)のブランドである「SoftBank 5G」と「ドラえもん」がコラボレーションしたテレビCM「5Gって ドラえもん?」シリーズの最新作。

前作では未来のしずか役が明らかになって話題を呼んだが、今回は現在と未来ののび太、その友人たち全員が初めてそろったものになった。

堺雅人さん、上戸彩さん、八村塁選手、古市憲寿さんや鈴木福さんら中学生ののび太とその友人たちに加え、おなじみ白戸家のメンバーといった全12人のキャストが勢ぞろい。

■メイキング映像


新テレビCMは「制限」がテーマ

「SoftBank 5G」の商用サービス開始に伴い、「ドラえもん」とコラボレーションした新たなテレビCMシリーズを展開中。ソフトバンクはこのCMについて次のように語っている。

「5Gってドラえもん?」をコンセプトに、5G通信によるテクノロジーで、遠隔医療や自動運転、空飛ぶタクシーなど、できたらいいなと夢見ていたことや想像さえもしていなかったことが現実になる世界をドラえもんのひみつ道具になぞらえて表現。そして2021年、5G通信はますます身近なものになっていきます。5Gスマホもその一つ。スマホ1台でいろいろなことが実現できる世界がやってくる、そんなドラえもんのような存在が簡単に手に入る時代を見据え可能性は無制限に広がっていくことを「5Gスマホってドラえもん?」というコピーとともに表現します。

主人公のドラえもん役に、「ダイ・ハード」や「アルマゲドン」など、数々の主演映画で大ヒットを記録したハリウッド俳優のブルース・ウィリスさんを迎え、白戸家のメンバー(上戸彩さん、樋口可南子さん、ダンテ・カーヴァーさん、お父さん)や未来ののび太役の堺雅人さん、中学生ののび太役の鈴木福さんらと共演している作品は、大変多くの皆さまからご好評いただいています。

2021年のテレビCM第1弾となる最新作の舞台は、中学生ののび太たちが凧あげをして遊んでいるお正月の河川敷。その様子を土手から見守る未来ののび太、しずか(上戸彩さん)、ジャイアン(八村塁選手)、スネ夫(古市憲寿さん)たちが、5Gによってますます子どもたちの可能性が広がる中、これからの社会でその5Gをどのように活用していくべきか、ドラえもんのひみつ道具をモチーフにしたユニークなたとえ話しとともに、さまざまな意見を交わすシーンを通じて、「可能性は無制限。」という「SoftBank 5G」のメッセージを表現しました。

主人公のドラえもんをはじめ、“ソフトバンクのドラえもん”実写化テレビCMに出演中の、未来&中学生ののび太とその友人たち、そして白戸家のメンバー総勢12人が登場する豪華なストーリーにご注目ください。

関連サイト
SoftBank 5G特設サイト

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム