サムスンが2種類の家庭用AIロボットを動画で公開 アシスタント「Bot Care」と家事支援「Bot Handy」【CES 2021】

韓国のサムスンは「CES 2021」で、家庭でユーザーの生活を支援するAIアシスタントロボット「Bot Care」と、家事を手伝ってくれるAIロボット「Bot Handy」のコンセプトモデルを動画で公開した(動画はこの記事の末尾に掲載)。機能や構造の詳細、製品化の予定等は未発表。

AIアシスタントロボット「Samsung Bot Care」

家事支援AIロボット「Samsung Bot Handy」


「Bot Care」

「Bot Care」はいわゆるリマインダー機能を持った会話ロボット。移動機構を持ち、開閉式のディスプレイを内蔵している。
コンセプト動画ではユースケースとして、怪我で自宅療養中ながらずっとパソコンを使用しているユーザーに「少し休んだ方がいいですよ」と助言。ユーザーのスケジュールからビデオ会議が始まる時間を理解して内蔵のディスプレイを開き、ビデオ会議を開始したりするシーンが紹介されている。





「Bot Handy」

「Bot Handy」は、AIがカップやお皿などを物体認識し、物体に応じて対応できる。身長を変えることができて、移動機構も装備しているようだ。動画では、流しでお皿等を認識し、ロボットハンドで掴んで食洗機に移動させたり、洗濯物を洗濯機に入れたり、ワインをグラスに注ぐ様子などが紹介されている。
物体の材質に応じて、持ち方を変えたり、やさしく持つ機能などを装備するようだ。


なお、サムスンは2019年のCESからロボットを発表しているが、製品化は実現していない。(「Bot Care」は医療分野向けだったと記憶している。


■動画[CES 2021] Next Generation Robotics | Samsung 

CES 2021で公開したサムスンの全編動画はこちら。
■動画


ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム