初音ミクが初の「悪役」に挑戦 中村獅童と共演『御伽草紙戀姿絵』超歌舞伎 Supported by NTT「ニコニコネット超会議2021」

今年も中村獅童×初音ミクのニコニコ超歌舞伎がやってくる!

「伝統芸能」×「ニコニコ」×「最新技術」が融合したニコニコ超会議の目玉コンテンツのひとつで、今年で6年目を迎える「超歌舞伎 Supported by NTT」。今回の作品は『御伽草紙戀姿絵(おとぎぞうし こいのすがたえ)』。昨年上演を予定していたが、新型コロナウイルスの影響により中止となり、今年待望のお披露目となる。

主演はお馴染み中村獅童氏と初音ミクの二人。劇中曲はボカロ P・dorikoの作詞・作曲で、ニコニコ動画で約770万回再生を誇り「歌ってみた」や「踊ってみた」など6,000件以上の関連動画も投稿されている人気楽曲『ロミオとシンデレラ』。初音ミクが初めての「悪役」に挑戦する点にも注目だ。

■参考:昨年の2020年公演 『夏祭版 今昔饗宴千本桜』

株式会社ドワンゴは2021年4月24日(土)~5月1日(土)の計8日間にわたり開催するインターネットの祭典「ニコニコネット超会議2021」の企画や協賛企業を発表した。

『御伽草紙戀姿絵』とは
『御伽草紙戀姿絵』は土蜘伝説(つちぐもでんせつ)を題材とした、近松門左衛門の『関八州繋馬(かんはっしゅうつなぎうま)』や、桜田治助の『我背子恋の合槌(わがせこがこいのあいずち)』、山東京伝の『善知鳥安方忠義伝(うとうやすかたちゅうぎでん)』などをふまえて、創作された作品。

平将門の忘れ形見である七綾太夫(ななあやだゆう)と、源頼光(みなもとのよりみつ)の戀物語を軸に、日本を魔界にしようとする、女郎蜘蛛(じょろうぐも)の精、山姥茨木婆(やまんばいばらぎばば)といった物の怪たちの野望の顛末と、平井保昌(ひらいのやすまさ)と袴垂保輔(はかまだれやすすけ)の活躍を描きながら、物語が展開していく。

中村獅童さんが源頼光と盗賊袴垂保輔の二役を勤め、初音ミクが七綾太夫役で初めて悪役に挑むのも、今回の大きな話題。また中村蝶紫さんが山姥茨木婆役を、澤村國矢さんが頼光の重臣平井保昌役を勤める。(超歌舞伎特設サイトより引用)


「スタイル変換技術」を用いた“超越の術”にチャレンジ

今回の超歌舞伎ではNTTの研究所が開発した超高臨場感通信技術「Kirari!」を駆使し、超歌舞伎では定番の演出となった“分身の術”に加え、「Kirari!」の新たな要素技術「スタイル変換技術」を用いた“超越の術”の実現にチャレンジする。「スタイル変換技術」とはひとつの入力画像のもつ特徴を捉え、その特徴を別の画像等から得られる特徴に入れ替える技術。NTTは技術の最適化をすすめ、ユーザがある画像から直感的にとらえる特徴を的確に把握し、それに近い特徴をリアルタイムに反映することが可能なシステムを開発。


同システムを用いて、これまで披露してきた「あたかもそこにいるかのような」演出からさらに一歩踏み込み、「本物に命を吹き込み、本物を超える体験を提供する」演出である“超越の術”の実現に取り組む。例えばクライマックスシーンにて中村獅童演じる源頼光が観客の力(コメント、ペンライトの光など)を纏うことで、新たな力を獲得し自らを超越していくといった新たな演出の実現をめざしていく。

日時 4 月24 日(土)・25 日(日)
出演 中村獅童、初音ミク、中村蝶紫、澤村國矢 ほか
劇中曲 「ロミオとシンデレラ」 作詞・作曲 doriko
超歌舞伎特設サイト https://chokabuki.jp/


その他実施企画

声優特化型イベント「超声優祭2021 Powered by dwango」 4月24日(土)・25日(日)の2日間にわたり、声優特化型イベント「超声優祭」を初開催する。人気声優などが多数出演し、超会議でしか見られない企画をお届けする。
ボーカロイド文化の祭典「The VOCALOID Collection~2021 Spring~」 ”ボカロ文化”のさらなる発展を目指す記念日として立ち上げたイベント「The VOCALOIDCollection」。4月24日(土)・25 日(日)の2日間開催し、数多くの新作ボカロ動画が集まるランキング企画や有名なクリエイターが集結するライブイベント(25日のみ実施)、ユーザーがクリエイターを支援できる「クリエイター応援大作戦」など様々な企画を実施する予定
>ゲームファンとゲーム大会の祭典ONLINE「ネット闘会議2021」 4月30日(金)・5月1日(土)の2日間、ユーザー参加企画や最新情報番組、アナログゲームなどバラエティに富んだゲーム企画をお届け。ゲームをいかに早くクリアするかを競う「超RTA大会」では参加者が指定の期間内にユーザー生放送でプレイし、5月1日に表彰式を行う。また、ゲーム実況者の登竜門「超ゲーム実況ROOKIES(春のセンバツ)」では、公募で選ばれたルーキーたちが次回超会議・闘会議への出演を掛けて実況する。さらに、ブレイク中の体験型ミステリーゲーム「マーダーミステリー」にロールプレイに定評のあるゲーム実況者たちが挑戦するほか、4月24日(土)・25日(日)には一般社団法人日本eスポーツ連合主催の「日本学生 e スポーツ競技大会:U-Champ.」を予定
まる一日“踊ってみた”づくし!「踊オフワールド」 4月29日(木)は1日中踊ってみたづくしの特別番組「踊オフワールド」を放送する。「超連続踊ってみた」や「ニコニコクイズダンスマスター」、「超踊ってみたオフ」などの定番企画に加え、ライブ会場からの生中継も予定している。さらには新企画として、選ばれた複数のプロデューサーがニコニコ動画に投稿されている18万超の踊ってみた動画を組み合わせてバーチャルライブを作成する「超踊ってみたバーチャルライブ」や、「オリジナル振り付け」「コピー」「U20」「コスプレ」「一ネタ」の 5部門で踊ってみた動画を募集し、ランキング上位者は超会議期間に開催するライブへの出演権が得られる「超踊ってみたランキング」を開催する
〇〇の主役は我々だ!特別コラボ企画 『呪鬼』『秋田書店 魔界の主役は我々だ!』『KADOKAWA 異世界の主役は我々だ!』とコラボした「オンライン謎解きゲーム」のほか、『インパクト・ミー!新・街コンラプソディ編』の発売を記念した「遊んでみた!」生放送を実施予定。続報は後日発表予定。
【超変態企画】テントウムシの完全変態を200時間見守る春の自由研究 テントウムシの完全変態を見守る春の自由研究。基礎生物学研究所とニコニコがタッグを組み、ニコニコネット超会議 2021 に「完全変態昆虫・テントウムシ」が登場。超会議の開催中、約200時間に渡ってテントウムシの”超”変態を一部始終ライブ配信する
超作フェス ニコニコ技術部・ニコニコ手芸部などをはじめとした「作ってみた」ジャンルによる「超作フェスオンライン展示会」を開催。自慢の作品の展示や他の作り手と交流をバーチャルスペース「oVice」上で実施する。出展サークル募集は近日開始予定。
Produced by JNCA 企画:クリエイターになりたい人、全員集合! ボカロPを目指す人に向けた入門講座を開催。準備やソフトもシンプル、一番簡単な方法で楽曲をつくり、ボーカロイド音声をつけ、動画をつくる方法を紹介する。出来上がった動画を「ボカロ入門」タグでニコニコ動画に投稿すると、番組内でその一部作品を紹介する。そのほか、JNCA 会員が作ったアナログゲームや、デジタルゲームなどを紹介する企画を実施。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム