自動運転で5Gを活用 デンソーとKDDIが共同検証を開始 「Global R&D Tokyo, Haneda」テスト路に5G環境を整備

株式会社デンソーとKDDI株式会社は交通事故や交通渋滞のない安心・安全なモビリティ社会の実現に向け、自動運転への5G活用に向けた共同検証を開始したことを発表した。検証ではデンソーが自動運転などの研究開発を行う拠点「Global R&D Tokyo, Haneda」内のテスト路を5G通信環境で整備し、高精細車載カメラや路側センサー(路側に設置し対向車や歩行者といった道路情報を検知するセンサー)などを用いた自動運転車両の走行支援に対する技術検証を共同で行う。


高速・大容量通信を活用して自動運転の周辺状況を効率良く把握

検証では5Gの特徴である高速・大容量通信を活用し、高精細車載カメラや路側センサーなどから取得する高精細映像や周辺情報を用いて、車両とその周辺状況をより効率良く把握するシステム検証を行う。また、5Gにエッジコンピューティングの環境を構築し低遅延を実現する「AWSWavelength」などを活用し、刻々と変化する道路状況をリアルタイムで自動運転車両に配信する仕組みの構築や、遠隔からの無人車両の走行支援の有効性についても技術検証する。

検証イメージ

将来的には端末から他方の端末までのエンド・ツー・エンド(E2E)通信において、仮想的にネットワークを分割することで用途やニーズに合わせた通信環境を優先的に提供するネットワークスライシング技術を用いた検証を予定。自動運転など多種多様なデータを優先度に応じて通信する必要がある分野において活用が期待されており、今後さまざまなユースケースへの適用を共同で検討していく。

ネットワークスライシング技術とは
仮想的に5Gネットワークを分割し、ユーザーの用途やニーズに合わせた品質保証や低遅延などの複数の通信を同時に、エンド・ツー・エンド(コアネットワークや基地局で構成される区間を含む、端末から他方の端末までの通信)により実現すること。

実証を通じ、デンソーが持つ車載通信技術開発のノウハウと、KDDI が持つ先進的なネットワーク技術の知見を組み合わせ、自動運転分野における5G活用を促進し、全てのユーザーにとって安心・安全なモビリティ社会の実現や、新たな社会価値創造を目指していく。

関連サイト
デンソー
KDDI株式会社

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム