ネコ型配膳ロボット「BellaBot」を1週間無料貸出し「コロナに負けるな!応援企画」DFAが飲食店を支援 東京/神奈川/埼玉/千葉が対象

株式会社Drone Future Aviation(以下、DFA)はネコ型配膳ロボット「BellaBot」の1週間無料貸し出しサービスを4月1日〜6月末日まで実施することを発表した。

貸し出しの対象
一都三県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)にある店舗
主に飲食店(60席以上、業務時4人以上のホールスタッフがいる店舗を優先)が対象だが、その他の業種も受け付けている。
※貸出機はネコ型の「BellaBot」ではなく、シンプルな「PuduBot」でも受け付ける。


ネコ型配膳ロボット「BellaBot」について

「BellaBot」は中国シンセン市に本社を置く「Pudu Robotics」が開発・生産したネコ型配膳ロボット。安全な自律走行が可能であり、現在すでに世界中の病院、オフィス、レストランで実際に利用されている。コロナウイルスの感染が拡大する前からPuduの製品はレストランで利用されており、現在では2000社以上の国際企業で非接触配膳サービスとして採用されている。




今年1月に都内レストランで試験導入をスタートした配膳ロボットの「BellaBot」。このコロナ禍で人員不足や従業員の感染リスク対策、非接触での接客体制の構築といった課題が絶えない中、DFAは少しでも多くの飲食店の力になりたいという想いから、気軽にかつ迅速にBellaBotの働きぶりを体験してもらえるよう「コロナに負けるな!応援企画」として、4月1日〜6月末日まで期間限定で「BellaBot」の1週間無料貸出しサービスを実施する。

ネコ型配膳ロボット「BellaBot」の走行動画

【導入の流れ】
Step1.申込みの受付
申込み内容を確認次第、連絡。

Step2.貸出先店舗の確認
DFAスタッフと店舗内の走行レイアウト等を写真や動画などで確認。

Step3.貸出期間の決定
DFAスタッフと期間内での希望のスケジュールを決定。
(機体数が限られているため希望に添えない場合もある)

Step4.初期設定
DFAの技術スタッフが貸し出し先店舗で初期設定を行う。

Step5.店舗導入
走行開始日から7日間、BellaBotの働きぶりを実際に体感する。

Step6.機体撤収
貸出し期間終了後、DFAスタッフが店舗まで機体を受け取りにいく。

Step7.アンケート記入
最後にBellaBotを使用した感想など、アンケートに回答する。
※アンケートは必須。ホームページなどで公開する場合がある。


貸し出しに関するQ&A

以下、リリースより引用

Q1.無料貸出しにあたり、料金はかからないのですか?
A.機体の貸出し・設置・撤収共に弊社負担で発送いたします。一部充電に必要な電源やWifiのご用意など貸出先店舗様で負担していただく場合がございますが、その他料金は一切かかりません。

Q2.店舗側で準備することはありますか?
A.当機体は天井に目印をつけるマーカー方式ではなくても自動走行できるので、どのテーブルにどのようにロボットが停止すればよいかの場所を決めておいてください。しかし、調査によっては天井にマーカーと呼ばれるシールを貼る必要があります。弊社スタッフとのお話し合いの際にご説明致します。

Q3.無料貸し出し期間終了後、店舗に導入しなくても構わないのでしょうか?
A.もちろん構いません。BellaBotを実際に体感していただけたら嬉しいです。なお、5月末日までに機体導入のご契約をいただけると特別割引20%オフになるキャンペーンを実施中です。この機会をぜひご利用ください。

Q4.貸し出しエリアは決まっていますか?
A.1都3県内で承っております。その他エリアでのご要望がございましたらご相談ください。

Q5.貸し出し期間中に機体が損傷してしまった場合はどうすればよいのでしょうか?
A.修理費等は発生致しませんのでご安心ください。可能な限り丁寧な管理をお願い致します。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム