セブンイレブンがエレベーターと連携した自律走行ロボットで複数フロアへ配達実験 ソフトバンクと三菱電機らが協力

株式会社セブン‐イレブン・ジャパンとアスラテック株式会社およびソフトバンク株式会社は、三菱電機株式会社と東急不動産株式会社の協力のもと、ソフトバンクの本社が入居する「東京ポートシティ竹芝オフィスタワー」(東京都港区)において、自律走行型配送ロボット「RICE(ライス)」を使用してセブン‐イレブンの商品を配送する実証実験を、2021年4月21日(水)から本格的に開始した。


エレベータを使って自立搬送ロボットが商品を配達

セブン‐イレブン、アスラテックおよびソフトバンクの3社は、ソフトバンクの社員が「セブン‐イレブンネットコンビニ」で注文した商品を「RICE」で東京ポートシティ竹芝オフィスタワー内のセブン‐イレブン店舗から同じフロアの指定された場所まで配送する実証実験を、今年1月18日から試験的に行っているが、これからは、「RICE」とエレベーターを連携させて、他のフロアへの配送を開始する。

「RICE」による配送イメージ

同実証実験を通じ、セブン‐イレブンは、さらに便利なサービスをお客様に提供するために、商品のさまざまな配送方法の可能性を検討し、ラストワンマイルの取り組みを推進すると述べている。アスラテックは、多様な業種や施設での「RICE」の導入に向けて同ロボットのユースケースづくりに取り組むとしている。
なお、ソフトバンクは東急不動産とともに、竹芝エリアにおいて最先端のテクノロジーを街全体で活用するスマートシティのモデルケースの構築に取り組んでおり、今回の実証実験もその一環として参画する。



実証実験の概要

より便利なサービスの実現とラストワンマイルの取り組みの推進に向け、新たな配送方法の可能性を検討することを目的に、ソフトバンクの社員が「セブン‐イレブンネットコンビニ」で注文した商品を、「RICE」で東京ポートシティ竹芝オフィスタワー内のセブン‐イレブン店舗から他のフロアを含めた指定の場所へ配送する。セブン‐イレブン店舗のスタッフが「RICE」に商品を載せ、配送先を選択すると、同ロボットがエレベーターに乗って指定されたフロアへ移動。指定された配送先に到着すると、注文者のスマートフォンに暗証番号が通知され、「RICE」に暗証番号を入力することで商品を取り出すことが可能となる。

商品の注文~配送~お受け取りまでのイメージ


実証実験の期間

2021年4月21日(水)~6月30日(水)
※東京ポートシティ竹芝オフィスタワー内のセブン‐イレブン店舗と同じフロアへ商品を配送する実証実験は、1月18日(月)から実施中。


配送可能な商品

約550点(当該店舗の取り扱い商品の一部を除いた商品数)


各社の役割
セブン‐イレブン 「セブン‐イレブンネットコンビニ」の提供/「RICE」への商品積載など、店舗におけるオペレーション
アスラテック 「RICE」の提供と技術支援
ソフトバンク 社員による配送サービスの利用および検証
三菱電機 エレベーターを活用したロボットのフロア間移動を実現するIoTプラットフォーム「Ville-feuille(ヴィルフィーユ)」の提供
東急不動産 実証実験場所の提供


「Ville-feuille(ヴィルフィーユ)」詳細ページ(三菱電機公式サイト内):
https://www.mitsubishielectric.co.jp/smartbuilding/ville-feuille/
自律走行型配送ロボット「RICE」(公式サイトより):
https://www.asratec.co.jp/products/rice/
「Smart City Takeshiba」(ソフトバンク公式サイト内):https://www.softbank.jp/biz/dx/takeshiba/

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム