「電子人工皮膚の最前線~ウェアラブル、IoT、ロボットの可能性~」世界の先端研究をビジネスセクター向けに分かりやすく紹介

アカデミアの内側から企業と研究者をつないで新たな産学連携の在り方を切り拓く株式会社アークレブは、世界各地で活躍し、同社の理念に共感したる若手研究者有志のネットワーク「アークレブ・アカデミア・ストラテジスト・ネットワーク(以下、AASN)」と共に、医療、工学、デジタル、環境など、多彩な分野における世界の先端研究を、ビジネスセクター向けに分かりやすく紹介するショーケース「Genius Lounge」を6月29日より毎月開催することを発表した。


Genius Loungeの開催背景

巷では日本の産業界から新たなイノベーションが生まれなくなったと言われて久しいが、実は日本のアカデミアには世界が驚くイノベーションの種が無数にある。AASNは世界各地で各分野の最先端研究を牽引する新進気鋭の有志メンバーで構成された日本人の若手研究者ネットワーク。日々、大学・企業・国境の垣根を超えて、ユニークな発想や知見が活発に交換されている。このエネルギーをアイディアをもっと日本のイノベーションに活用できないだろうか。

そんな想いで医療、工学、デジタル、環境など、多彩な分野における先端研究をビジネスセクター向けに分かりやすく紹介するショーケース「Genius Lounge」をシリーズ開催する。各分野で注目される若手研究者をゲストに迎えつつ難解な専門用語は避け、ごく普通のビジネスパーソンや生活者の視点で気になることも含めてカジュアルに質問していく。


第一回は電子人工皮膚デバイスの最前線を紹介

記念すべき第1回目は薄いゴムシートのような柔らかい電子人工皮膚デバイスの研究開発の最前線について紹介。ウェアラブル、IoT、ロボットなどの幅広い応用可能性とその先の未来について議論する。トークセッション終了後の交流会では研究者とのカジュアルブレストを楽しめる。参加費は無料。定員は20名。

【Genius Lounge vol.1 イベント概要】

日時 2021年6月29日(火)19:00~20:30
場所 CIC Tokyo(虎ノ門ヒルズビジネスタワー 15F)
参加費 無料
定員 20名
登壇者 ・杉浦 裕太:慶應義塾大学理工学部情報工学科 准教授
・松久 直司:慶応義塾大学理工学部電気情報工学科 専任講師
・浅井 誠(ナビゲーター):慶應義塾大学グローバルリサーチインスティチュート 教授 / 株式会社アークレブ 代表取締役社長
・平田 麻莉(MC):株式会社アークレブ 取締役
(敬称略)
主催 アークレブ・アカデミア・ストラテジスト・ネットワーク(AASN)、株式会社アークレブ
共催 CIC Tokyo
参加登録ページ 以下のPeatixリンクから参加登録が可能。
https://g-lounge1.peatix.com/view

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム