新型コロナワクチン接種会場向けに除菌清掃ロボットと会話ロボットをセットで提供 会場清掃の自動化と遠隔での問診を支援 Forex Robotics

Forex Robotics(フォレックスロボティクス)は、新型コロナワクチン接種会場向けに除菌清掃ロボットと人型会話ロボット
セットで提供するサービスを開始することを2021年6月26日に発表した。12カ月の短期でレンタル契約が可能な点も特徴。


除菌清掃ロボットとコミュニケーションロボットを提供

このサービスは新型コロナワクチン接種会場向けに開発されたもので、ソフトバンクロボティクスの除菌清掃ロボット「Whiz i」と人型コミュニケーションロボット「Pepper」の利用サービスをパッケージにして提供するもの。契約プランは12カ月。
また、ソフトウィングの協力で、初期設定やオンラインサポートなど、ロボット導入におけるサポートも行う。

ソフトバンクロボティクスの除菌清掃ロボット「Whiz i」と人型コミュニケーションロボット「Pepper」。1年間の短期レンタルができる

現在、日本政府と各地方自治体で新型コロナワクチンの接種が進んでいるが、最低1回接種済みの割合は2021年6月5日時点で9.21%程度にとどまっている。また、学校や企業内でのワクチン接種案も議論されているものの、接種対象が全年齢対象になると混雑化も予想され、一般の運営スタッフの会場清掃や案内業務などの業務負荷が増すことが予想される。同社はこれを解決するソリューションとして提供する。


また、既に販売されている「Pepper」や除菌清掃ロボット「Whiz i」を活用することで、簡単な案内やリモート対応、会場の清掃など、運営スタッフの負荷や感染リスクを低減させることが可能になる、としている。

同社の代表取締役社長の髙橋一行氏は「国内のワクチン接種は始まっているが国民の希望者全員に2回以上接種できるのは1年程度はかかるはず。すでに販売されている接客・清掃ロボットでもこのようなリスクのある場所での作業に適しています。今回ワクチン接種会場向けのサービスを提供するにあたり、開発パートナーのソフトウイング様にも技術サポートをいただきました。会場運営スタッフの負荷やリスク低減にぜひ活用してほしい」と語っている。

【サービス概要】
今回提供するプランはソフトバンクロボティクス社製の除菌清掃ロボット「Whiz i」1台と人型ロボット「Pepper」1台の、計2台の12カ月レンタル契約。価格は以下の通り。

月額料金 140,000円/月(税込)
・Pepper for Biz 3.0一式(本体レンタル+基本サービス+保証  71,280円 1台/月)
・Whiz i 一式(本体レンタル+基本サービス+保証  51,700円 1台/月)
・Pepperのお仕事生成およびリモートサポート月額費用(17,020円 1セット/月)  
※別途WiFi経由でのインターネット接続環境が必要。
※遠隔応答機能を使用する場合、別途ブラウザが利用できるPCもしくはタブレットが必要。

初期費用(初月のみ)76,560円(税込)
・Pepper初期登録手続費用 10,780円(税込)
・Whiz i 初期登登録費用 10,780円(税込)
・現地での初回設定 55,000円(税込)(交通費宿泊費は別途実費精算)

オンサイトサポート料金 (別途)
・現地でのトラブルシュート 55,000円/日/人(税込)(交通費宿泊費は別途実費精算)
また除菌清掃ロボットだけや人型ロボットだけの契約の相談も個別で対応可能。


Forex Roboticsとは

Forex Roboticsは2015年に日本で設立されたソフトウェア会社。「先端技術をすべての人に」をミッションに、今後20年で成長する金融、ロボット、機械学習をベースとした製品・サービスの提供をしていく。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム