ロボカップで”重さ推定17トン”の「巨大カブトムシロボ(カブトムRX-03)」に乗れるぞ!

「せっかくの夏休みなんだからロボットでも見に行きたいよ」というお子様におすすめなのが、昨日から日曜までの4日間名古屋市で開催されている「ロボカップ2017名古屋世界大会」です。



ロボカップの解説記事はこちらを読んで頂きたいと思いますが、ロボカップでは各種の展示も魅力です。ロボット関連の企業の展示や、体験型ロボットの展示も用意されています。



その一つ目としてご紹介したいのが、巨大カブトムシロボット「カブトムRX-03」。同ロボットのHPによれば全長11m、幅9.5m、高さ3.6m、重量約17t(推定)というサイズ感。目の前で見ると、かなり迫力があります。

コックピットへの搭乗体験も子供限定でできるようになっており、小学生くらいの男女が順番待ちの列を作っていました。


横から見たカブトムRX-03

後ろから見たカブトムRX-03

このロボットは時速4kmで移動が可能な油圧駆動の6足歩行ロボット。触覚アームや、ツノ、羽などを操作することができるようになっており、6足で前進・後退することもできます。今回は屋内での展示のため、残念ながら歩くところは見れませんが、子供たちがコックピットに入り、スモークを噴射させたり触覚を動かしたりできるんです。コックピットだけでなく、内部には6名まで入れるようになっているようです。


操縦ができるのは中学生以下のお子様のみ。大人でも中に入ることはできるようです。

このカブトムRX-03を開発したのは、茨城で工場を経営する高橋均さん。1997年から2008年まで11年間かけてたった一人で作り上げたそうです。

高橋さんが作ったものがHPにも公開されていましたので、ご紹介します。


小型カブトムシ型の乗り物「ヘラクレスA-1」 (カブトムシ巨大ロボット 公式ホームページより引用)

気球ロボット「メカ・バルーン」(カブトムシ巨大ロボット 公式ホームページより引用)

ロボトレーラー「たまご星人」(カブトムシ巨大ロボット 公式ホームページより引用)

キッズ・キャリアカー「キャリパグ」(カブトムシ巨大ロボット 公式ホームページより引用)

イベントへの派遣も数多くされているようなので、ご興味がある方はご連絡してみてくださいね! 特に今回のロボカップで展示されているカブトムRX-03は、子供達に大好評なので喜ばれそうです。

ロボカップに来られている方は、ぜひ第1展示場にカブトムを見に行ってみてください。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。