【速報】アマゾン・ロボティクス・チャレンジ 競技1日目は「MIT-Princeton」チームがリード

アマゾン・ロボティクス・チャレンジは28日、競技1日目のストーラウンド(棚出し)を終え、トップはマサチューセッツ工科大学とプリンストン大学の「MIT-Princeton」が160点でリード。
以下、シンガポールの南洋理工大学の「Nanyang」、日本勢の「MC^2」(三菱電機、中部大学、中京大学)、「NAIST-Panasonic」(奈良先端科学技術大学院大学、パナソニック)と続いている。
各チームの得点は下記のとおり(クリックして拡大)

本日、29日はピッキングラウンド(棚入れ)が行われ、30日は決勝ラウンドとなる。

ルールな゛との詳細は記事「Amazon Robotics Challenge徹底解説&速報 日本勢2チームがトップグループを快走!」を参照。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム