一足早く「Google Assistant搭載ヘッドホン」の使い方を覚えてしまおう

スマートスピーカー市場はまさに今一番の激戦区だが、スマートヘッドホン市場も盛り上がりを見せてきている。

今回はGoogle Assistant搭載ヘッドホンの操作方法解説のオフィシャル動画が2本公開されたので紹介したい。これを見て、一足先にGoogle Assistant搭載ヘッドホンの使い方を覚えておこう。




Using the Google Assistant on your headphones


Google Assistantに最適化されたヘッドフォンには「アクションボタン」が付けられており、押すだけで簡単に呼び出せる仕組みとなっている。ボタンを押すことで「OK,Google」とウェイクワードを発声する必要がない。毎回の操作で発声するのは面倒だからありがたい設計だ。




In a nutshell: using your headphones


ヘッドホンとしてお気に入りの音楽を聴くだけではなく、メッセージに返信したり、スケジュール、スマホ通知確認など様々なアシスタント機能を使うことができる。

既にヘッドホン向けのヘルプセンターも整備済みとなっている。よく見ると対応言語に「日本語」も明記されており、発売が非常に楽しみなデバイスだ。


僕はこう思った:

前回紹介したイヤホンにもアクションボタンがあるんでしょうか? 筐体が小型のデバイスにボタンがつけられるのか、気になるところです。



ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム