パナソニック、「Hey, Google」「Alexa」で道案内する車載システム発表 オフラインでも操作が可

パナソニックは、米・ラスベガスで開催されている「CES2018」にて、プレスカンファレンスを行った。同カンファレンスにはパナソニック ノースアメリカのCEOであるTom Gebhardt氏が登壇。自動車メーカー向けの車載インフォテインメントシステム「Skip Generation」に、「Google Assistant」「Alexa」を搭載することを発表した。

これは、これらの音声アシスタントを搭載することにより、様々な車の操作が音声で可能になるというものだ。ポイントは、オフラインでの操作もできるという点にある。「Hey Google」と話しかければグーグルマップで目的地までの案内をしてもらうことができたり、音楽再生をしたり、空調を操作することができる。

Alexaも同じく、「Alexa」と話しかけることで最寄りのコーヒーショップを見つけ道順を取得したり、音楽再生をしたり、外出先から家電コントロールすることができる。

いずれもネットワーク接続に関係なく、オフラインでも使用できるように、パナソニックの車載インフォテイメント「Skip Generation(SkipGen)」に組み込む形で提供される。

CES2018にてパナソニックはその他、レベル5の完全運転自動化を想定した「次世代モビリティキャビン」なども展示している。

CES2018で行われたパナソニックのプレスカンファレンスの様子

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム