Apple、Siriのニュース読み上げ機能を米国、英国、オーストラリアで展開。HomePodの準備?

2018年1月16日、9to5Macは「AppleがSiriのニュース読み上げ機能をアメリカで正式版としてリリース、そしてイギリス、オーストラリアにも展開した」と報じた。



AppleはSiriのニュース読み上げ機能は、「Hey Siri, Give me the News」と問い合わせると、日々更新されるニュースのポッドキャストをストリーミングするもの。

デフォルトの設定として、米国はナショナル・パブリック・ラジオ(NPR)、英国は英国放送協会(BBC)のコンテンツを再生するという。Siri経由で米国はFox News、CNN、Washington Postに、英国は、Sky News、LBCに、オーストラリアは、ABC、SBS、Seven Networkに変更するよう指示することができる。

現在はiOSの機能としてリリースされているが、今回対象となったアメリカ、イギリス、オーストラリアの3カ国はHomePodが出荷される予定の国だ。

そして、HomePodの出荷時期は2017年末から2018年はじめにリスケされているが、来月には出荷されるという噂もある。

そう考えると、今回の機能追加はHomePod向けの準備が進んでいることを伺わせる動きだと考えられる。

HomePodの発売に向けて続報あり次第お伝えしていく。

関連記事(スマートスピーカー / AIスピーカー関連)
ロボスタ / Siri

ロボスタ / 音声アシスタント特集


ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム