「my daiz(マイデイズ)」をNTTドコモの「シンプルマイク01」で使ってみた

前回の記事では、NTTドコモのシンプルマイクでmy daizの設定まで行いましたので、今回は実際に使ってみようと思います。


まずは充電から

まずはシンプルマイク01を充電します。このように卓上ホルダ(充電器)に置くと充電が行われます。充電時間は約200分で、連続使用時間は、キーワード待ち受け時間は24時間、音楽再生時間は約9時間です。


左がシンプルマイク01、右が卓上ホルダ(充電器)

卓上ホルダ(充電器)にシンプルマイク01を載せるとこうなります。会社で購入したのでロボスタシールを貼りました

充電が終わったら、シンプルマイク01とNTTドコモのAndroid OS搭載のスマートフォンとをBluetooth接続して準備完了です。


Bluetooth接続の際はスマホアプリを使って簡単に設定が可能です


シンプルマイク01からmy daizを使ってみる

ドコモのAndroidスマホと連携して、先日リリースされた音声アシスタントアプリmy daizを使うことができます。


my daizに「疲れた」と話しかけると、気分転換のアドバイスをしてくれます

my daizに「ムニムニ」と話しかけると、こんなお茶目な回答をしてくれます

シンプルマイク01はバッテリー内蔵で手のひらサイズなので、気軽にいろいろな場所に持ち歩いて使うことが可能です。例えば料理のときに台所で使ったり、外出時に使ったりもできます。


ちょうどいい手のひらサイズです

ロボホンくんに担いでもらって使っても大丈夫です。


ロボホンくんにもちょうどいいサイズ



シンプルマイク01の性能は?


シンプル「マイク」01という名前だけに、集音機能に優れたマイクが搭載されているので遠く離れた場所からも使うことも可能です。

マイクの性能がどれほどなのかを試してみました。どこまで離れても聞き取ってくれるかをテストしたところ、5メートルくらい離れても、聞き取りをしてくれました。


5メートル離れて話しかけても、無事聞き取ってくれました

シンプルマイク01を使えば、忙しい朝の支度中も音声で指示をして、radikoを使ってラジオを聞いたり、dミュージックから音楽を聞いたりできます。


シンプルマイクでハンズフリー通話をやってみた

NTTドコモの製品なので、もちろんシンプルマイク01からハンズフリー通話が行えます。

スマホに電話がかかってくるとシンプルマイク01が白色に点滅します。アクションボタンを押すと通話がスタートします。通話を終えるときもアクションボタンを押すと通話が終了します。


指で押している部分がアクションボタン

ハンズフリー通話は、電話相手の声をスピーカーから聞きつつ、そのまま話すことができます。スピーカーからの声は良好。もちろん相手側でも綺麗に聞くことができます。


使ってみた感想

今回実際に使ってみた感想としては、手のひらサイズがちょうどいい大きさなのと、バッテリー内蔵で持ち運び出来るのが予想以上に便利でした。声で操作をしてスピーカーから流れるコンテンツを楽しんでいると、いろいろな場所で使ってみたくなってきます。


左は社内で作った自作my daizケースです

シンプルマイク01の上にのせるとこの通り。my daizになりました


関連Facebookコミュニティ
my daiz / sebastien fan club japan


ABOUT THE AUTHOR / 

北構 武憲
北構 武憲

本業はコミュニケーションロボットやVUI(Voice User Interface)デバイスに関するコンサルティング。主にハッカソン・アイデアソンやロボットが導入された現場への取材を行います。コミュニケーションロボットやVUIデバイスなどがどのように社会に浸透していくかに注目しています。

PR

連載・コラム