ヤンマーが無人で自動運転可能の「ロボットトラクター」を発表!有人×無人の連携運転も

近年、農地の集約による経営の大規模化や就農者減少・高齢化による人手不足といった課題を抱える農業分野において、ICTを活用した作業効率化が求められている。

このような現状を受け、ヤンマーホールディングス株式会社は、グループ会社の農業関連機器を扱うヤンマーアグリ株式会社(旧アグリ事業本部)より、位置情報やロボット技術などのICTを活用した自動運転トラクターを10月1日より順次発売することを発表した。

「YT5113A」ロボットトラクター仕様

作業の省人化を実現する無人運転のロボットトラクターに加え、最小限の操作を有人で行い、経験や勘に頼っていた高精度な作業を自動化して省力化を実現するオートトラクターをラインアップ。これらの自動運転技術搭載機種は「SMARTPILOT」シリーズとして展開を強化していく予定だ。

タブレット操作による無人での自動運転に対応するほか、運転者が乗ったトラクターと無人トラクターの2台が同時作業するモードも備えている。ロボットトラクターには、レーザーや超音波で物体との距離を計測するセンサーや、全方向から自動走行の状態を確認できる3色のセーフティランプを設置し、周囲の安全を確保。自動運転中に異常を検知すると自動でブレーキがかかるセーフティブレーキも備えている。

なお、すでに所有しているYTトラクターも、改装キットの種類によって対応機種が異なりはするが、同社工場にて改装(ファクトリーオプション)をすることで、オート、ロボット仕様にアップグレードすることもできる。

オートトラクター、ロボットトラクター、アップグレードキット含め、年間100台を販売目標としている同社は、今後も、ICTを活用したさまざまな商品・サービスを提供することでユーザーの作業省力化・効率化を目指し、持続可能な農業の発展に貢献していくと述べている。

▼商品概要

名称 オートトラクター(YT488A/498A/4104A/5113A)
発売日 2018年10月1日
商品価格 10,725,000円~14,075,000円(税抜、メーカー希望小売価格)
名称 ロボットトラクター(YT488A/498A/4104A/5113A)
発売日 2018年10月1日
商品価格 12,145,000円~15,495,000円(税抜、メーカー希望小売価格)

■【動画】ロボトラ作業映像




主な特徴

「直進モード」「オートモード」と、2つの自動運転モードが設定されており作業内容やオペレーターに応じて選択可能。タブレット操作と高精度な位置情報により無人トラクターの操作もできる他、充実の安全装置や既存トラクターからのアップグレードなどに対応している。


作業内容やオペレーターに応じて設定可能な2つの自動運転モード

「直進モード」では、直進のみを自動で、旋回などの運転操作は手動。「オートモード」では、自動直進に加え、旋回にともなうハンドル操作と作業機の昇降などの操作を自動で行う。これらのモードは切り替えが可能で、オペレーターの人数や作業者のスキル、作業内容に応じて設定することができる。

直進モードイメージ(左):前進・後退・停止を駆使して、一列ずつ精密に作業/オートモードイメージ(右):後退・停止は使わずに前進のみで作業。旋回時はノーブレーキなので枕地を荒らさず作業が可能



タブレット操作と高精度な位置情報による作業性の向上

操作・設定には防塵・防水性に優れた10.1インチのタブレットを採用。タブレット内の情報はアイコンやイラストで表示し、作業領域や経路作成、運転中の軌跡確認など、簡単な操作が可能だ。また、2台のトラクターでの協調作業時には、随伴(あるいは併走)する有人トラクター内にて近距離監視を行いながらタブレットにより無人トラクターを操作する。

既知点からの補正観測情報を携帯電話や無線を利用してトラクターに送信し、トラクターの位置をリアルタイムで測定するRTK-GNSS(Real Time Kinematic)という方法を活用し、衛星(GNSS:Global Navigation Satellite System)と基地局からの電波で位置情報を取得してトラクターに補正情報を送信。オプションで設置できるヤンマー独自の基地局により、高い精度での補正情報取得が可能

タブレットでの操作・設定画面



安心して作業ができる充実した安全装置(ロボットトラクターのみ)

無人での運転・作業を行うロボットトラクターでは、レーザーや超音波で物体との距離を計測するセンサーや、全方向から自動走行の状態を確認できる3色のセーフティランプを設置し、周囲の安全を確保。自動運転中にエンジンが停止すると自動でブレーキがかかるセーフティブレーキも備えている。

人や障害物を検知する安全センサー(左)、3色のセーフティランプ(右)



既存のYTトラクターから自動運転仕様へのアップグレードに対応

すでにYTトラクター(YT488A/498A/4104A/5113A/490/5101/5113)を所有している人に対し、工場オプションにてオート仕様、ロボット仕様にアップグレードすることが可能。新たにトラクターを購入しなくても自動運転仕様にすることができる。

「YT5113A」オートトラクター仕様




新ロボットトラクター「YT5113A」先行展示

7月12日に北海道、帯広で行われる「第34回国際農業機械展in帯広」にて「YT5113A」が先行展示される。

■日時:2018年7月12日(木)9:00~16:00間
■場所:第34回国際農業機械展in帯広、ヤンマーアグリジャパン㈱ ブース(「北愛国交流広場」特設会場 住所:北海道帯広市愛国町10番1)
■日時:2018年7月12日(木)9:00~16:00間
■出展内容: ロボットトラクター YT5113A(※初展示) 他12点
関連サイト
ヤンマー株式会社

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム