アマゾンが新しい「 Amazon Fire HD 8」発表!AlexaハンズフリーやShow Modeにも対応(ただし日本版は非対応)

2018年9月6日、アマゾンが新しいFire HD 8タブレットを発表した。


既存のFire HD 8のAlexaはタップ起動だったが、新しいFire HD 8はFire HD 10同様Alexaハンズフリーに対応となったのが最大の売りだ。


カラーはブラック、 マリンブルー、パンチレッド、カナリーイエローの4色。

価格は16Gが79.99ドル、32Gが109.99ドル。発売は2018年10月4日となっている。


Alexaハンズフリーとは?


Alexaに音楽再生、動画再生・停止、電話、オーディオブック、予定確認などを音声で指示できる機能。Fire HDタブレットはスタンバイ状態であっても音声でウェイクできる。つまり、FireタブレットがEchoのように音声デバイスとして使えるようになるというイメージだ。


Show Modeとは?


Alexaの音声結果のやりとりを補完する画面を活用するモード。最新ニュース、天気予報、映画予告編、カメラのフィードなどが表示される。その使い勝手はEcho Showに近いイメージだ。


日本では・・・?


日本市場向けにも新しいFire HD 8タブレットは登場している。

しかし日本のFire HD 10同様、現時点ではAlexaはハンズフリーやShow Modeに対応していない。Alexa自体は日本語対応もされているだけに、非常に残念だ。日本でもAlexaへの対応を米国同様にできればよりFire HDタブレットの魅力は増すことだろう。いずれ対応されることを期待したい。



Source:Amazon Press RoomAmazon.com



ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム