Facebookが来週「新デバイス」を発表か Alexa搭載という報道も

2018年9月21日、米Cheddar.comがFacebookが開発中のデバイスについて新情報を報じた。来週には新デバイスが発表されるという。

2018年1月に入ってからFacebook製のディスプレイ搭載デバイスの存在が噂されてきた。2018年5月の開発者会議でお披露目予定だったものがプライバシー関連の問題で発売が延期になり、2018年10月に発表されると噂されていた。それがついに来週発表されるかもしれないということで、これまでの記事を以下にまとめた。

来週発表されるというFacebook製のディスプレイ搭載デバイスの名称は「Portal(ポータル)」。過去から報道されていたとおりのようだ。

搭載するディスプレイサイズは2種類用意されており、価格は大きいものが400ドル、小さいものが300ドルになるという。ディスプレイサイズもまだわからないので単純な比較はできないが、新型Amazon Echo Show(第2世代)の米国価格は229.99ドルなのでそれに比べると若干高い印象である。

ディスプレイとカメラが搭載されており、ビデオチャットやソーシャル機能を活用することができる。またSpotifyやNetflixのようなストリーミングサービスの視聴もできる。AIを搭載してカメラ映像から目の前の人物を誰なのか特定できるというのが製品の概要だ。ディスプレイ搭載のAmazon Echo Show / Echo Spot、Googleスマートディスプレイと比較したときに、Facebookらしいソーシャル的な機能が差別化要素になるはずだ。

今回のCheddar.comの報道で最も驚いたのは、このデバイスに搭載されるアシスタントはFacebook自社製のAlohaではなく、Amazon Alexaという点だ。

Facebook広報はこの件について「当社は噂や憶測にはコメントしない」と語っている。続報あり次第お伝えしたい。



Source:cheddar.com

ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム