アメリカで発表された「Amazon Alexa」の新機能がすごすぎる! 全24機能を一挙紹介

2018年9月20日、米国アマゾンがAlexa向け新機能を多数発表した。今回の新機能は今後数週間〜数ヶ月で米国で展開予定となっており、スマートスピーカーの最先端機能として非常に注目の内容となっている。今後、日本でも早期に導入されるよう期待を込めて全24機能を一挙に紹介していく。



Alexaで家庭をよりスマートに安全にする5つの新機能


1. Alexa Guard


Alexaが自宅を安全に保ってくれる機能。「Alexa、ガードをアクティブにして」と伝えると有効になる。ガード中は自宅内で検出されたガラスが割れた音、煙感知器の警報音などが検出されるとユーザーに通知する。またライトのオンオフをおこなうことで侵入者に対して警告したり、警報システムと統合することもできる。簡易セキュリティデバイスになるというアイディアは素晴らしい。


2. Alexa Hunches


Alexaでスマートホームデバイス制御するときに、勘を働かせる機能。たとえば「Alexa、おやすみ」と言われた後でリビングルームのライトが点灯している場合に、Alexaは「おやすみなさい。ところでリビングルームのライトがオンになっていますが、消しましょうか?」などと先読みした回答を行う機能だ。まさに「スマート」な機能だと思う。今年の後半に利用可能になるという。


3. Frustration Free Setup


増え続けるスマートホームデバイスだが、ネックになるのはWi-Fi接続の手間という面がある。このスマートホームデバイスのセットアップをより簡単にする機能が実装されるという。Alexaアプリを使って、スマートデバイスの背面にあるバーコードをスキャンするとWi-FiネットワークとAlexaの接続が完了するという仕組みだ。まずAmazon Smart PlugAmazonBasics Microwaveから実装され、今後様々なデバイスに展開する予定だという。


4. Local Voice Control


Alexaはインターネット接続が前提だが、インターネットが何らかの理由で接続できない、もしくは通信状況が不安定な地域などを想定した機能が、このローカル音声制御機能だ。すべての命令がローカルで対応できるわけではないが、スマートハブを内蔵したEcho Plus、Echo Show(第二世代)から、ライト、プラグ、スイッチなどの制御を可能にする機能だ。今後車載システムでも使えそうな考え方だ。


5. Video Doorbell


Echo ShowとRINGAUGUSTのビデオドアベルが双方向通話機能が実装され、ビデオドアベルの前にいる来訪者と、自宅内のEcho Showで会話できるようになる。また、来訪者が来た時、もしくはドアベルが鳴ったときに、Alexaルーチンを使ってカスタムしたアナウンスを流すことができるようになる。少々お待ち下さいというメッセージと共に好きな音楽をかけたりするのは面白かもしれない。

ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム