「ITヘルプデスク」「総務人事への問い合わせ」はAIチャットボットでどこまでできるか?「IBM Watson」や「hitTO AI」を試せる無料体験キャンペーンを実施

「社員から総務に寄せられる質問の多くはコンピュータで対応できる内容だ」「ユーザーから問合わせの大半はホームページやマニュアルに載っている」そんな企業にとってはコンピュータが質問に回答するAIチャットボットによる自動化は魅力的だ。

株式会社ジェナはAIと連携したチャットボットサービス「hitTO(ヒット)」を2018年10月1日(月)からの2019年3月29日(金)まで無料体験キャンペーンの開始を発表した(利用者登録が必要)。利用開始の翌月末まで試すことができる(最大で2ヶ月間利用可能)。

hitTOは自然言語(人が話す言葉)を理解して回答する「IBM Watson」と「hitTO AI」、2つのAIエンジンを活用したAIチャットボットサービスだ。ユーザーと自然な対話を社内・社外問わず、様々な問い合わせ対応業務に活用できる。

ユーザー画面の使いやすさやデザイン性、コミュニケーションツールとの連携などが評価され、AIのビジネス活用を目的として既に多くの法人が採用、活用がはじまっている。情報システム部が担当するITヘルプデスクや、総務人事部が担当する社内の問い合わせ対応、お客様向けのWebサイトでの自動応答など、法人における幅広い業務の効率化を実現しているという。

《管理画面の回答ランキングレポート画面》ユーザーにどの回答が何回表示されたのか、ランキング形式で表示することによりユーザー評価の割合も可視化するので、学習データのメンテナンスに役立てることができる。

10月1日から開始された無料体験キャンペーンでは、「ITヘルプデスク対応」と「総務人事への問い合わせ対応」の、2つのデモ環境を利用することができる。


ITヘルプデスク対応

「Windows10になって操作方法が分からない」といった、PCの入れ替えで増加する情報システム部への問い合わせを情報システム部に変わってボット伯爵がWindows10の基本操作について答えてくれる。




総務人事への問い合わせ対応

休暇、転居、結婚などの各種申請など、多くの問い合わせを総務人事部の代わりにハナコが応答してくれる。



キャンペーン詳細
キャンペーン期間 2018年10月1日(月)~2019年3月29日(金)
利用期間 利用開始から翌月末まで(最大2か月間の利用が可能)
対象 法人
URL https://hitto.jp/cp/

ABOUT THE AUTHOR / 

吉川 実里
吉川 実里

HAL東京でロボット勉強中の20歳・神奈川県民。ロボスタでインターンシップ中。なりたいロボットはダンボーで、手芸と読書と欅坂46が好き。精一杯頑張ります!

PR

連載・コラム