【Amazon Alexaスキル】最新ニュースが聞けて英語も上達できる(かも)!時事通信社「JIJI news for English Learners」

やっぱり英語は勉強しておけばよかった…

社会人になって悔やんでいることの一つに「もっと英語を真剣に勉強していたら良かった」というのがあります。それも文法だけでは無く、相手が何を言ってるか聞き取れるヒヤリングの能力があれば・・と、ここ最近強く感じてしまっています。

先日も海外のお客様とやり取りをする機会があったのですが、先方が一生懸命何かを伝えたいとしているのに、それを聞いている自分が今ひとつ理解できないと、何だか自分も情けない気分になるし、先方にも何だか申し訳ない気分になってしまいました。

でも、英語を勉強するってお金も時間もかかるし面倒だと思って敬遠してきました。今回紹介する「JIJI news for English Leartners」は、その名前が表しているように、僕のような英語を学習したいなと思っている日本人にとってはかなり使えるスキルです。



『日本語→英語』なので意外と聴き取れる!

以前英語を話せる人にコツを聞いたら「英語は聞けば聞くほど耳が慣れてきて、何を言ってるか分かるようになってくるよ」と言っていました。確かにネイティブの英語を聞いても、そもそも単語さえ聞き取れないことがよくあります。また、聞き取れて一応理解したとしても、果たして自分が理解した内容と話している内容が合っているか分からないと不安になってしまいます。

このスキル、流れとしては先ずは日本語で最新のニュースを読み上げた後、そのニュースの英文訳を読み上げてくれます。取り上げられているニュース自体も短くまとめられていることで、英文も長くなく集中して英語を聞くことが出来るのです。最新のニュースも分かって、その上英語まで学習できるという良いとこどりなスキルなのです!

ちなみにこのスキルを提供しているのは、報道機関などにニュースの配信を行っている時事通信社。なので、当然ニュースの内容の充実度に関しては言うまでもありません。

実際に聞いてみると、日本語ニュースで内容が分かってから英語が始まるので思った以上に単語を聞き取ることができます。一度に5本のニュースが流れますが、聞いているうちになんとなくですが聞き取れる箇所が増えてくる感じがしました。コツコツ続けていくと、暫くしたらこの長さの英文なら聞き取れるようになりそうです。


初心者から上級者まで、レベルを超えて使える!

日本語・英語とも音声合成ですが、英語の発音はどうなんだろうと思い、英語を喋れる方にこのスキルを聞いてもらったところ「英語の読み上げもネイティブに近い」と驚いていました。

僕の様な英語再入門者からすると、「ネイティブに近い英語の発音に耳を慣れさせる」という使い方なのですが、ある程度英語が得意な方だと「英語の言い回しやボキャブラリーを増やす」という形としても使えるのではないのでしょうか?

また、Podcastでも同様のコンテンツが提供されているので、「出勤前に準備をしながらAmazon Echoで」、「ランチを食べながらPodcastで」、そして「帰宅後リラックスをしながら改めてEcho」でという使い方もできそうです。

英語学習をするEchoユーザーは必携のスキルだと思います!

ABOUT THE AUTHOR / 

ぱっぺー☆あさひ
ぱっぺー☆あさひ

衛星放送、インターネットなど時代の先端の端っこにいて、今はロボット業界に身を置いています。 ロボットスタートでは広告営業をメインにしていますが、ロボティクススーツを着ることでロボット型人間『ぱっぺー』に。 近頃頑張っているアイドルを見ると泣いてしまう。「HKT48」を推しつつも「NGT48」「=LOVE」が気になっています。最近は取材の予習で聴いた「夢みるアドレセンス」の楽曲の良さに驚く。 長年の夢だったTBSラジオデビューを果たしました。 誕生日の夜は今年も一人かも知れないと不安しかありません。

PR

連載・コラム