アマゾン、ポータブルスマートスピーカー「Amazon Tap」の販売を終了か

米国のアマゾンで「Amazon Tap」の販売が行なわれていないことが話題になっている。AmazonオフィシャルのEchoシリーズの中では唯一の「バッテリー内蔵ポータブルスピーカー」だけに、もし販売終了となってしまうとしたら残念ではある。




Amazon Tapの商品ページを見ると、ここのところ「Currently unavailable.(現在お取り扱いできません。)」と表示される状態が続いている。その下には「この商品はいつ在庫が戻ってくるのかわかりません。」とも記載されている。

Amazon Tapの現時点でのレビューを見る限りそれほど悪い評価というわけではないのだが、Echoファミリーと比べれば相対的に人気はなくマイナーな存在だったのは否めない。Echoファミリーは第2世代、第3世代とフルモデルチェンジしているが、Amazon Tapは発売当初からモデルチェンジされない状態だったのはあまり売れていなかったからだと推察される。



今後Amazon Tapの再販売や新型として発表されるかどうかはわからないが、その可能性は低いだろうと思われる。

もしバッテリー内蔵モデルがどうしても必要という場合はEchoファミリー向けのバッテリー内蔵ケースもサードパーティーから発売されているし、バッテリー内臓のスマートスピーカーもサードパーティー製で存在するので、選択肢がなくなったわけではない。



なお、どうしてもAmazon Tapが欲しい場合は、現在米国のStaplesで129.99ドルで購入することもできる。

ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム