米アマゾンが2018年ベストAlexaスキルを発表!

現在開催中の「Alexa Dev Summit Tokyo 2018」で、Amazon Alexaのスキル数は世界で7万を超えたことが明らかにされた。このうち米国が55,000と圧倒的なボリュームとなっている。そんな数多い米国のAlexaスキルの中からベストなスキル「Alexa Skills of the Year 2018」が公開されたので紹介したい。

今回の発表は順位をつけたものではなく、ジャンル別にベストスキルをピックアップしたものとなっている。ベストに選出されたスキルについてはユーザーレビュー数、評価点、エンゲージメントなどが判断されて選択されたものと考えられる。なお、Alexaスキルは23カテゴリあるが、そのカテゴリと今回選出されたジャンルは微妙に違う概念となっている。


ゲームスキル


イントロクイズやトリビアクイズなど人気の音声ゲームが10種類選出された。


ファミリースキル


子供と楽しめるたり、学べるスキルが中心に選出された。


健康スキル


瞑想、睡眠支援、Fitbit管理、料理支援スキルが選出された。


日常生活スキル


ライブニュース、ポッドキャスト、スマホ探しなど日々の生活に役立つスキルが選出された。

米国Amazonアカウントがある人は実際に試してみることができるので冬休みに試してみてはどうだろう。日本でも同様のベスト2018が発表されることも期待したい。


Source:Amazon.com

ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム