「アバターロボット保険」三井住友海上とMELTINが保険開発に関する協業 遠隔操作ロボット実用化に向け2020年より実証実験実施

生体信号処理技術とロボット技術を組み合わせた独自技術を用いてサイボーグ技術の研究・開発を行うベンチャー企業である株式会社メルティンMMIと、三井住友海上火災保険株式会社(三井住友海上)は、自身の分身として動く遠隔操作ロボットであるアバターロボットと保険を組み合わせた「アバターロボット保険」の開発に関する協業取組を開始することを発表した。




協業取組の概要

MELTINは、2018年3月にアバターロボットのコンセプトモデルである「MELTANT-α」を発表しており、2020年には、MELTINが実施予定の実証実験に三井住友海上が参画、アバターロボットを活用した実証実験中のリスクに対する保険を提供する。なお、同アバターロボットは、人の動きをリアルタイムに反映するだけでなく感触等をユーザーにフィードバックするハプティクス(触覚技術)を搭載している、両社は、今回の実証実験で得た情報をもとに、量産時における「アバターロボット保険」を開発し、アバターロボットの普及を後押しすることで、危険作業の代替や業務効率化・負担の軽減等を目指すとしている。


取組内容

(1)MELTINの開発するアバターロボットの設計・開発・運用支援および実証実験
(2)MELTINの開発するアバターロボットおよび関連する商品・サービスと連携した保険商品の開発


協業の目的

MELTIN:実証実験に関連したリスクを洗い出し、アバターロボットの安心・安全な開発・普及を推進するため。
三井住友海上:世界でも革新的な技術であるアバターロボットの導入・普及に対応する体制強化を図るため、協業を通じて、アバターロボットに関する情報収集および分析を行い、保険商品・サービスの企画・開発を行う。


【コンセプトモデル「MELTANT-α」の基本性能】
操作環境:遠隔操作が可能(ボストン~ドバイ間(約18,900km)での操作を実証実験済み)
リアルタイム性:超低遅延を実現(制御側とアバターロボット側の動作遅延はほぼなく動作再現可能)
耐久性:高い耐故障性とフェイルセーフ機能を搭載
操作性:ハプティクス(触覚技術)を搭載(力覚を操作者へフィードバックする事で繊細な力加減の調整が可能)

■【動画】MELTANT-α CAPABILITIES

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム