高専生がAIベンチャー企業と同じ評価基準で競うコンテスト「DCON2020」上位3チームの評価額は5億円 松尾豊氏や小島瑠璃子氏が登壇

高専生が日頃培った「ものづくりの技術」とAI(人工知能)分野で特に成果を出す技術「ディープラーニング」を活用して、企業評価額を競うコンテスト「第1回全国高等専門学校ディープラーニングコンテスト2020」(以下、DCON2020)の本選が8月22日(土)に日経ホールで開催。上位3チームがプレ大会優勝校を上回る5億円の企業評価を受けるハイレベルな内容で、オンライン開催ながら大いに盛り上がる第1回大会となった。日本ディープラーニング協会が発表した。


ベンチャー企業が評価される時と同じ基準で評価

第1回の本選となった今回、二度の予選を勝ち抜いた精鋭11チームが出場。ステージ上には実行委員長として東京大学大学院教授 松尾豊氏、司会にタレントの小島瑠璃子さん、音楽クリエイターのヒャダインさんほか、審査員をステージ上に迎え、オンライン中継を介し、事業化も想定して白熱のプレゼンが行われた。




審査では実際にベンチャー企業が評価される時と同じ基準で評価を受ける。技術の価値が企業評価額と投資金額でジャッジされる点が、他のコンテストとは違うDCONの大きな意義となる。新たなビジネスにどれくらいの価値があるかを売上や利益にくわえて、事業の意義・市場の大きさ・経営者とメンバーの資質などから判断する。


最優秀賞・若手奨励賞は「:::doc」(てんどっく)

最優秀賞は「東京工業高等専門学校 プロコンゼミ点字研究会」が受賞。企業評価額5億円、投資総額1億円という評価を受け、副賞の起業資金100万円と日本ディープラーニング協会若手奨励賞も同時に授与された。

「:::doc」(てんどっく)は印刷された文字と点字の相互自動翻訳を視覚障がい者自身で行えるシステム。テクノロジーを使って情報アクセス不平等をなくす、社会的意義の高い取り組みが評価された結果となった。



審査員・メンターからのコメント
「『点字』という、非常に深い一方で取り組む競合が少ない課題を解決しようとしている。点字はグローバルな共通語なので、いきなり世界進出も可能なのではという部分を評価した。」
「コンテストのためではなく、利用者である視覚障がい者の方々の課題を本気で解決するために取り組んでいた。」


企業から高専生へ「すぐにでも共同開発をはじめたい」などの提案も

最優秀賞のほか、各協賛企業が表彰する企業賞が授与された。表彰時には企業から高専生へ「すぐにでも共同開発をはじめたい」「ぜひ就職を検討してもらいたい」などの提案がされる場面もあり、大会全体のレベルの高さがうかがえる表彰式となった。結果として、プレ大会DCON2019の最優秀賞チームの4億円を超える、企業評価額 5億円を上位3チームが並んで獲得した。



大会を総括し、ステージ上の出演者は以下のようにコメントしている。

実行委員長 松尾豊氏

「『現場の技術者が様々な技術を組み合わせ、新しい価値を生み出す創意工夫をし、課題を解決する』というのは経済成長の1つの基本であり、日本の強みでもあると思っています。高専生こそ、それができる可能性をもっている。DCONでは先輩起業家がメンターとして高専生を指導します。起業家の卵を育てていく場はコミュニティとして非常に重要であり、先輩に後輩がどんどん続いていくといった流れを作っていきたいと考えています。」

技術審査員 尾形哲也氏
「ディープラーニングをハードウェアときちんとつなげ、情報をサイバー世界だけではなくフィジカルな世界に対するサービスとして、トータルなモデルで考えている提案が多かった。ハードウェアを自作するチームが多いことも注目。既存のハードウェアにディープラーニングを応用する現在主流の開発フローとは逆に、ディープラーニングの活用を前提としたハードウェアの開発が今後されるのではないか。研究的にも大変興味深いです。」

司会 小島瑠璃子さん
「自分たちでトライして、現場の声をたくさん聞いて改善して、次に繋げてものづくりをしている様子がプレゼンからわかりました。くわえて、今回ベンチャーキャピタルの方々と出会う機会をもらって、ビジネスに直結する頭の使い方も学んでいます。本当に才能ある高専生がここから育ってくれるんじゃないかと思います。5億円もの企業評価額を受けたチームが3チームも出て、第1回にしてあまりにもすばらしい大会になったと思います。」


既にDCON2021の開催が決定

日本ディープラーニング協会およびDCON実行委員会は、今後もDCONの継続的な開催によりディープラーニングの産業活用を促進する若手人材の輩出を目指し、引き続きコンテストの運営にあたる。既にDCON2021の開催が決定し、詳細はDCON公式ホームページで紹介している。
なお、DCON2020本選のテレビ放送予定・アーカイブ映像は以下の日程で公開予定。

■テレビ放送予定
NHK教育テレビジョン(NHK E)放送番組『サイエンスZERO』(DCON2020本選の模様を2回にわたり放送予定)
 第1回:9月 6日(日)23時30分〜、第2回:9月13日(日)23時30分〜

■アーカイブ映像
 日経チャンネル(https://channel.nikkei.co.jp/)にて、後日公開予定。

■アフターレポート
 各チームの作品・事業内容の解説も今後DCON公式ホームページに掲載を予定。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム