ANAと共同開発する物流専用ドローンを羽田HI Cityのオープニングイベントで初公開へ エアロネクスト

株式会社エアロネクストは大規模複合施設「HANEDA INNOVATION CITY」で2020年9月18日(金)から22日(水・祝)に開催されるオープニングイベントに出展し、2020年5月にANAホールディングスとの業務提携発表時に同時発表した物流専用ドローン「Next DELIVERY」を初めて一般公開することを発表した(上の画像はYouTubeから引用)。


大規模複合施設「HI City」について

2020年7月に開業した「HANEDA INNOVATION CITY」(略称:HI City)は先端産業と文化産業の融合をコンセプトとした、商業・オフィスなどからなる大規模複合施設。9月18日からの本格稼働以降は、自律走行バス、自動運転車いすなどの先端モビリティや、遠隔での操作とコミュニケーションが可能なアバターロボットなどを導入など、モビリティやロボティクスなどの実証実験を開始し、スマートシティに関する取り組みを推進していくと発表している。

オープニングイベントは2020年開業エリアの9月18日からの本格稼働に合わせて実施される5日間限定のイベント。紙ろうそくを集めた点描画による巨大浮世絵の展示や来場者参加型のアーティストによるライブペイントのほか、江戸の和食を提供する店舗の出店など、日本文化を五感で体験する各種イベントを行う。


エアロネクストについて

エアロネクストは5月にANAホールディングスと物流ドローンの共同開発に向けた業務提携を発表し、8月には株式会社⾃律制御システム研究所(ACSL)との用途特化型ドローンの共同開発と量産に向けたライセンス契約の締結を発表とドローン物流の実現へ向けた動きを加速している。


YouTubeから引用

YouTubeから引用


同社は今後、陸上における先端モビリティやロボティクスとの連携などにも積極的に取組みスマートシティで実現される社会に貢献をしていきたいと考えており、その背景からスマートモビリティ&スマートロボティクス実証実験や試乗体験提供、数多くの最新のロボット展示などがある今回のオープンニングイベントの一角に参加することとなった。

「HANEDAINNOVATION CITY」オープニングイベント 出展概要
・日時:2020年9月18日(金)~ 9月22日(水・祝)10:00〜16:00
・出展場所:HANEDA INNOVATION CITY (羽田イノベーションシティ) 2F Zone I 「昔ばなし横丁」内
・住所:東京都大田区羽田空港一丁目1番4号 東京モノレール/京浜急行電鉄「天空橋駅」徒歩1分(直結)

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム