教育機関向けモデル「Pepper for Education」提供開始 身の回りの課題解決や「探究型学習」をロボットと楽しく学ぶSTEM教材

ソフトバンクロボティクスは、人型ロボット「Pepper」(ペッパー)の教育機関向けモデル「Pepper for Education」の提供を、2021年4月1日から開始することを発表した。

このモデルはPepper本体とともに、簡単にプログラミングができるツール「Robo Blocks」や、Pepperと一緒に学べる教育アプリなどをセットで提供するもの。これらを教材として、子どもたちがこれからの時代で求められる課題解決力などを、楽しみながら身に付けることができるツール(ソリューション)となっている(このモデルやプログラムの新規申し込み受け付けは停止中)。

ソフトバンクロボティクスはリリースを通じて「身の回りの課題をどう解決するか、自ら考え取り組む「探究型学習」は、多くの教育機関から注目を集めています。社会のさまざまなシーンで活用されているPepperは、子どもたちが実践的な課題解決のプロセスを体験できる「探究型学習」に適した教材です。社会課題の解決に取り組む過程で、探究心や思考力を育むだけでなく、社会に貢献している実感を得ることもできます。さらに、グループで課題解決に取り組むことで、何を選択するかの判断力や、自分やグループの意見を互いに伝える表現力を身に付けることが可能です。
教師が専門的な知識を身に付けていなくてもロボットを活用した授業が実践できるよう、指導書をセットで提供します。また、専門講師による個別研修や探究型学習導入用オリジナルカリキュラムの編成などの導入支援サービスのオプションも用意しています。
ソフトバンクロボティクスは、これからもロボットを活用した教育を通して、社会を豊かにできる次世代のリーダーが育つ機会を提供していきます。」としている。

Pepperは「Pepper 社会貢献プログラム」や「Pepper 社会貢献プログラム2」という名称で、教育機関向けに教材などと共に提供されてきた。このモデルでは個々の教育機関に適したカリキュラムや研修などをカスタマイズできるように、サービスを充実した。


「Pepper for Education」の概要

受付開始日 2021年4月1日
提供内容
・人型ロボット「Pepper」の貸し出し ※問い合わせ対応、自然故障無償交換を含む
・STREAM教育を実践する下記の教材
 – 教育用プログラミングツール「Robo Blocks」
 – 教師用指導書および児童生徒用ワークシートなど
・研修・PBL導入支援(オプション)
対象 教育に関わる活動を実践する団体・法人
費用・提供期間 販売代理店により異なるため、要問い合わせ
https://forms.gle/A7vMv5tDEDMkTS7X6
詳細URL https://www.softbankrobotics.com/jp/product/education/

※STREAM教育は、Science(科学)、 Technology(技術)、 Engineering(工学)、Arts(リベラル・アーツ)、Mathematics(数学)の頭文字を使った略語「STEAM教育」に加えて、Robotics(ロボット工学)を統合した教育手法を用いるもの。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム