アールティ ロボット実機でROS開発を始めるための教材「ROS入門・ロボット拡張パック」発売 導入からカメラ、測域センサの搭載方法まで解説

AI・サービスロボットの分野で高度人材育成を手掛ける株式会社アールティは、オンデマンド型の動画とロボット実機を使って在宅でもハンズオンで技術習得ができる車輪型ロボットへのROS導入とカメラ・測域センサの搭載方法をテーマとしたE-learning教材「ROS入門・ロボット拡張パック」を本日2021年7月20日に発売することを発表した。価格は33,000円(税込)。


ROS入門・ロボット拡張パックについて

今回新たに発売する「ROS入門・ロボット拡張パック Level3」は同社が2020年10月に発売した「Raspberry Pi Mouse V3入門パック Level1~2」の続編。手元のロボットとオンラインで視聴できる解説動画を組み合わせて受講するスタイルを基本とし、ロボット実機を使っての技術習得を目的とした教材(ロボットは別売)。「入門パック Level1~2」はRaspberry Pi Mouse V3の機能や動く仕組みにフォーカスした解説だったが、「ROS入門・ロボット拡張パック」ではそこからステップアップして、ROSを活用して現実世界の情報を取得しながら動かす開発を始めるための講習となる。


「ROS入門・ロボット拡張パック」ではROSを導入するための環境構築から、ROSを使った車輪型ロボットの基礎的な制御方法を解説するほか、別売のオプションキットとカメラ、測域センサを使った拡張方法などを紹介。将来的にROSとカメラを使った追跡システムの開発や、ROSと測域センサを使った自己位置特定、地図作成などを目標としている人が、ロボット実機を組み合わせて開発するための基本を学ぶ教材として適している。なお、同社のE-learning教材はLevel1から系統的に学習できる構成としているが、解説はパックごとに独立しているため、受講者の学習進度によってLevel3のみを購入しても問題なく視聴できる内容となっている。

設定ファイルの編集方法も丁寧に解説

USB Webカメラで特定の色を認識して追跡(Level3-05)

測域センサを取り付けて取得したデータを可視化(Level3-06)

ROSは公式のWikiやユーザーによる書籍、ブログなどのテキスト解説が充実しているが、同教材は動画で実際の操作画面や作業の流れを確認できるためテキストを読み解く手間なく学ぶことができる。また、リアルタイム配信ではなくオンデマンドの動画教材のため自由なペースで繰り返し視聴して理解を深めることができる。全編字幕付きで、専門用語が聞き取れないなどといった初心者がつまづきやすい点にも配慮している。有料サポートとして、動画内容についての質問も受け付けている。

講師はアールティで製品の開発を行う現役エンジニア
各動画の内容
Level3-01:Ubuntuの導入(約18分)
RaspberryPi OSからUbuntu OSに切り替え

Level3-02:ROSの導入(約15分)
ROSをインストールして簡単なパッケージを作りながら動作確認

Level3-03:ROSでラズパイマウスを操作(約14分)
ROSを使ってキーボード入力で操作

Level3-04:カメラの取り付けと動作確認(約12分)
USB Webカメラを取り付けて動作確認

Level3-05:カメラで色認識と追跡(約20分)
USB Webカメラで特定の色を認識して追跡

Level3-06:LiDAR搭載とデータ取得(約21分)
LiDARを取り付けて取得したデータを可視化


E-learning教材制作の背景

アールティはロボット開発に関わる技術に広く精通し、1人でロボットの設計・開発・制御ができる人材「プロフェッショナルロボットエンジニア」の育成を行うため、教育研究に適したロボットの開発、販売をはじめ、教育機関や企業向けの研修、セミナーを提供している。

研修、セミナーは会場に人を集めての実施が主流だが、感染症対策のための三密回避や在宅勤務の推奨によって今まで通りの開催が困難になったことから、時間場所を問わず一定の技術研修を行える手段としてE-learning教材のニーズの高まりを受け、2020年より制作プロジェクトを始動した。第一弾として車輪型ロボット「Raspberry Pi Mouse V3」(ラズベリーパイマウス ブイスリー)を教材に「Raspberry Pi Mouse V3 講習動画」を制作し、車輪型ロボットのセットアップから制御の基礎が学べる「Raspberry Pi Mouse V3入門パック Level1~2」を2020年10月に発売している。

今回は入門パックの続編として「ROS入門・ロボット拡張パック Level3」を新たに発売する。世界的に利用されているロボット開発用のオープンソースミドルウェア「ROS(Robot Operating System)」の使い方について、実際の操作画面を基に解説した動画を見ながら手元のロボットを動かし、実践的に学べる教材となる。

ロボスタFacebookで最新ニュースが届く【フォロワー2万5千人突破!!】
ロボット、AI、スマートスピーカー、ビッグデータ、自動運転、xR、ドローンなど最新情報が満載
ロボットスタート「ロボスタ」 Facebbok公式ページ

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム