ローカル5G、AI、4Kカメラ映像で交差点の状況や異常を自動検知 NECが秋田県や新宿の交差点でスマートシティの実証実験

NECは5GやAI、4Kカメラ映像などの先進技術を活用して、高精細な交差点の映像を5GとMEC(エッジコンピューティング)を用いて低遅延で伝送し、様々なAI技術を用いて、車および歩行者の「交通状況測定」、人物の倒れ込み・害獣の進入等の「インシデント検知」、撮影映像に対する「プライバシー保護対応」をリアルタイムに処理する実証実験を1月6日より秋田県秋田市の交差点で、1月24日以降に東京都新宿区の交差点で実施することを発表した。


実証実験の背景

今回実施する実証実験は信号柱に設置されたローカル5Gを活用し、4Kカメラの映像を伝送するという内容で、内閣府が運営する官民研究開発投資拡大プログラム(以下、PRISM)の一つである「令和3年度 交通信号機を活用した第5世代移動通信システムネットワークの整備に向けた調査検討」にNECが参画して実施する。

「令和3年度 交通信号機を活用した第5世代移動通信システムネットワークの整備に向けた調査検討」では、5Gエリアの拡充と交通信号機のネットワーク化の促進に向け、交通信号機に5G基地局など5G機器を設置する検討をデジタル庁、総務省及び警察庁が連携して推進している。NECは「令和3年度信号5G検討コンソーシアム(代表企業:株式会社三菱総合研究所)」の一員として、5G機器を交通信号機に設置し、ICTを活用した実際の利用シーンを想定した技術検証を行い、その価値の最大化を検討するために実証実験を行う。

昨今日本では、人口減少・少子高齢化、都市部への人口集中、インフラの老朽化、災害リスクの高まり等、様々な社会課題を抱えている。このような状況の中、NECは人とインフラとモビリティが協調して誰もが安全・安心に自由な移動ができるための技術開発に取り組んでいる。実証実験での技術検証を活かし、将来的には交通事故の抑止、交通渋滞の詳細な把握と緩和、自動運転支援、街の見守り等に貢献していくことを目指していく。


実証実験の詳細

1.車および歩行者の交通状況測定の技術検証
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が研究開発を進めるAI技術を流用した交通流解析アプリケーションを用いて、高精細な4K映像から交通状況(車および歩行者の位置・速度・進行方向)測定の実現性を検証する。将来的には歩車分離式交差点の交通効率向上、自動運転車を含む走行中の車両に対する注意喚起への応用を想定している。

システム構成

車および歩行者の交通状況測定の技術検証(イメージ)

2.人物の倒れ込み・害獣の進入等のインシデント検知の技術検証
カメラ映像から交差点付近での人の倒れ込みや害獣(熊等)の侵入等のインシデントの検知を検証する。人の倒れ込み検知には行動のサンプルを数秒の映像として与えるだけで、ライブカメラの映像中から、類似の行動を簡単に見つけ出すことができる「オンデマンド行動検出」を使用する。将来的にはインシデント発生時に交差点のカメラを用いて迅速に状況を確認・対処する等の街の安全性向上や、地域特性に合わせた都市マネジメントに活用することを想定している。

人物の倒れこみ検知(イメージ)

害獣(熊等)の侵入検知(イメージ)

3.撮影映像に対するプライバシー保護対応の技術検証
プライバシー保護対応として、映像中の人物の顔部分をリアルタイムで覆い隠す技術を検証する。将来的に交差点映像のデータ活用が実用化される際、交通利用者のプライバシーを保護した上で運用することを想定している。

映像内で人物の顔部分を覆い隠す様子(イメージ)

なお、実証実験で撮影した映像は個人を特定する利用を一切行わず、プライバシーについて十分に配慮し、個人情報保護法や関連法令を遵守したうえで実証実験にのみ利用される。また、映像データは厳格な安全管理措置を講じ、実証実験の終了後に速やかに削除される。

実証場所・期間
秋田県秋田市 大町4丁目地内の交差点(秋田県秋田市大町4丁目)
2022年1月6日~2022年3月15日

東京都新宿区 新宿副都心四号線入口交差点(東京都新宿区西新宿1丁目)
2022年1月24日以降~2022年3月15日

関連サイト
NEC

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム