「Smart at robo for Pepper」が進化!myThingsやIoTセンサークラウドとの連携、Chatwork通知機能などを追加

マットを踏むと、Pepperがしゃべり出す!

M-SOLUTIONS(エムソリューションズ)株式会社は、人型ロボットPepperの動作設定サービス「Smart at robo for Pepper」をアップデートし、ヤフー株式会社が提供する「myThings Developers」や「IoTセンサークラウド」との連携など、3つの新機能追加について発表した。
なお、同社は昨年開催された「Softbank Robot World」でマットを踏むとマットセンサーが反応し、Pepperが連動して動作するシステムをブース内でデモ展示していた。


3つの新機能

今回、新たに追加された機能により、Yahoo! JAPANが提供する企業向けのIoTプラットフォーム「myThings Developers」との連携、IoTセンサークラウドとの連携の他、メールや既存のチャットツールに加え、ChatWorkへの通知にも対応できるようになった。

・myThings連携
天気予報やカレンダー、SNSなどmyThings上に用意されているIoT製品やwebサービス(チャンネル)との連携をプログラム不要で行える機能

・IoTセンサークラウド連携
ボタンや人感センサー、マットセンサーなど外部機器との連携をプログラム不要で行える機能

・Chatwork通知
メールや既存のチャットツール等に加えて、Chatworkへの通知にも対応




新機能の活用イメージ

myThings連携では、雨の予報が出たら傘を持っていくように発話させたり、開始時間の近づいたイベントを案内したり、myThings上の様々なチャンネルとPepperが簡単に連携できる機能を提供。

また、IoTセンサークラウド連携では、ボタンや人感センサーなど外部機器と連携できるようになるため、自動ドアが開くタイミングで挨拶を行ったり、レジに設置したボタンとの連携させて空きレジの案内をさせるなどの設定が簡単にできるようになり、Pepperの活用の幅を広げることが可能となる。


今回の機能追加による「Smart at robo for Pepper」のサービス価格の変更はないが、myThings連携時には、別途myThingsとの契約および一部サービス利用料が必要となるとのこと。

Smart at robo for Pepperの詳細ページ
https://smartat.jp/robo/

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム