Blue Frog Roboticsのコミュニケーションロボット「Buddy」、大幅な出荷遅れをCEOが謝罪。

2019年5月24日、Blue Frog RoboticsがBuddy予約者に最新情報を伝えた。

開発を進めてきた5年間、完璧なBuddyを作るには予想以上の時間とお金を必要としたという。最先端のエレクトロニクス、スケーラブルなソフトウェアアーキテクチャー、人工知能を使った高度な設計に注力していたことで、Buddyの開発は時間がかかり、そしてこの遅れに対する準備が会社としてできていなかったという。


2018年にロボスタに遊びに来たBlue Frog RoboticsのCEO、Rodolphe Hasselvander氏(左)とCTO、Jean-Michel Mourier氏(右)

CEO自ら以下の謝罪を行っている。

Blue Frog RoboticsのCEO、Rodolphe Hasselvander氏

皆様にはBuddyを家に迎えるために長い間待っていただきました。注文したBuddyがまだ出荷されないことがどんなに苛立たしいことか理解しています。おまたせして大変申し訳ございません。私はCEOとして、支援者・予約者、コミュニティー全体に失望を与えたことを謝罪します。この遅れによるフラストレーションの責任は私にありますし、物事を正しくしたいと思っています。


支援者・予約者のサポートなしではBuddyを構築することはできないため信頼回復を目指すべく、現状の状況が改めて報告された。現在Buddyの開発は最終段階にあり、次のステップとして以下を計画しているという。


・2019年6月にコミュニティ専用のWEBサイト「mybuddyworld.com」をローンチする。
 ・ユーザーに情報を提供する。
 ・コミュニティメンバーとBlue Frog Roboticsのチームが直接やりとりできるようにする。

・以下の作業を行うべく2019年6月末までにエクイティ・クラウドファンディングを行う。
 ・製品版の完成と製造開始
 ・2020年4月からBuddyのデリバリー開始
 ・ヨーロッパおよびアメリカ市場へのBuddyの市場投入
 ・BuddyのファンがBuddyの未来に投資できる機会の提供

・支援者と事前予約注文者向け対応。
 ・優先配送と有料アプリの無料アクセス権を付与する。

さらに情報が必要であればCEOに直接メールできるという。





まずは6月のコミュニティサイトのローンチを待ちたい。そして製品版Buddyを抱ける日を楽しみにしたい。


僕はこう思った:

しばらく新しい発表がなかったので心配でしたが、Buddyの開発は最終段階ということである意味ほっとしました。
JiboKuriAnkiのようなことになりませんように。


外部リンク
Blue Frog Robotics
関連記事
ロボスタ / ロボットDB / BUDDY(バディ)

BUDDY fan club Japan

BUDDY fan club Japanは、Facebook上で、BUDDYの情報交換を行うコミュニティです。興味のある方は是非ご参加ください。

ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム