NVIDIA DRIVE Orinを搭載したEVブランドを発表 中国の自動車メーカー「SAIC」とアリババと共同で

中国の自動車メーカー最大手「上海汽車集団」(SAIC)は大手電子商取引企業「Alibaba」(アリババ)と共同で、新しいプレミアムEVブランド「intelligence in motion (IM)」を発表した。

IMブランド初のラインナップはフラッグシップセダンとSUVの2車種を予定し、いずれも自動駐車機能などの自動運転機能に加えて、蓄電容量93kWhのバッテリを標準装備する。SAICは4月に開催する上海モーターショーでセダンの受注を開始し、SUVの受注開始は2022年を予定している。上記の2モデルには、集中型のコンピューターシステムの中枢に複数の「NVIDIA Orin システムオンチップ」(SoC)が搭載される予定。


これにより500TOPS(毎秒500兆回の演算能力)から1,000TOPSを超える処理能力を達成し、自動化や自律化の機能に加えて車内でのパーソナライズ機能が可能になり、携帯電話と同じように定期的にソフトウェアアップデートを受けとることができる。
IMブランドの車両はソフトウェアデファインドのため、ただアップデートされるだけでなく最新のテクノロジとシームレスに連携する。同ブランドでは、ドライバーや同乗者の体験をパーソナライズするためのスマートフォン機能を搭載し、車内にスマートで快適な空間を創り出している。(TOPSはTera Operations Per Second、またはTrillion Operations Per Second)





NVIDIA Orinについて

最上位のプレミアム電気自動車ブランドを開発する上で欠かせないのが、クラス最高水準の車載コンピューティング。NVIDIA Orinは高性能で最先端の自動運転車(AV)およびロボティクス向けのプロセッサとして知られている。このチップに搭載されたスーパーコンピューターの処理能力は最大254TOPS(毎秒254兆回の演算能力)に及び、自動運転車やロボットで多数のアプリケーションとディープニューラルネットワークを同時に処理することが可能。さらにISO 26262 ASIL-Dなどの機能安全基準も満たす。



IMブランドの車両の中核に2基のOrinシステムオンチップ(SoC)を搭載することにより、コンピューティングプラットフォームの処理能力は500TOPSを超え、自動運転に必要な冗長性と多様性をも実現する。同ブランドは継続的にアップグレード可能な新しい電気自動車のラインナップとして、インテリジェントな個人輸送のさらなる革新を推進する。

関連サイト
NVIDIA

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム