大盛況の「音声アシスタント勉強会」、ライブコーディングも行い、より実践的な内容で開催

「音声アシスタント勉強会 Amazon Echo Skill 入門編」の第四回を開催しました。

過去におこなった三回は「音声アシスタントの概況」を説明することが中心でしたが、今回は実際にライブコーディング(スキルを作りながら具体的にご説明する)を含め、より実践的な内容で行いました。




前半はロボットスタートのチーフロボットエンジニア・やまうちより、音声アシスタントの状況をお話ししました。
世界で爆発的に拡大を続けているスマートスピーカー市場の概況、そして日本にはどのような影響を与えていくかをご紹介しました。




こちらは先日発表された「エーアイ」と「TIS」が共同開発する国産スマートスピーカーの情報。概況だけでなく、最新情報もご紹介していきます。




こちらはAmazon Echo ShowでYouTubeが突然見られなくなったという情報。こちらは勉強会当日のニュースでした。




後半は、とのさまラボの西田さんによるライブコーディングです。まずは今回のライブコーディングではお伝えしきれない開発に関する内容を列挙して、先にご説明しました。




ライブコーディングスタートです。Amazonのデベロッパー向け画面から、諸々の設定を行っていきます。




コーディングは、豊富に用意されているサンプルを編集する形で行いました。




最後に、シュミレーターで実際に動かしてみます。




今まで、Amazon EchoシリーズやGoogle Homeなど、海外のデバイスは技適の問題で、実際に電源を入れてお見せする事ができなかったのですが、今回はLINE WAVEの実機がご紹介できました。

やはり、実際に動かせるモノがあると、皆様にスマートスピーカーという存在がどういうものか、実感して頂けたのではないかと思います。




最後に懇親会を行い、お開きとなりました。ご参加頂いたみなさま、ありがとうございました!

今回も大盛況だったので、近日中に次の回を開催したいと思います。ご興味がある方は、connpassのロボットスタートグループをフォローして頂ければ、開催が決まった際にお知らせします。


ABOUT THE AUTHOR / 

鹿田 貴史
鹿田 貴史

携帯検索サイト立ち上げ、サーチテリア広告立ち上げ、トランスコスモスにてAskモバイル立ち上げ、アパンドールCTOを経て、現在ロボットスタート株式会社CTO。将来の夢はバスの運転士。

PR

連載・コラム