【Alexa Skill開発】新機能「通知機能」プレビュー版が拡大へ

Amazon Alexaのスキル上の通知機能(Notification)は既に限定されたデベロッパーに一部公開されていたが、今回デベロッパーが個別に申し込むことで使えるようになった。

Photo: Amazon

通知機能は、Alexaユーザーがオプトインしたスキルに限って。ユーザーに対して通知を行えるようになる機能だ。通知がある場合、サウンドとデバイスのLEDのインジケーターで新しい情報があることをユーザーに伝えることができる。




ユーザーは通知に気がついたら、「Alexa, what did I miss?」(何か聴き逃した通知ある?)「Alexa, read my notifications」(通知を読み上げて)などと話しかけることで最新の通知を聞くことができる。

なお、Amazonは通知機能をデベロッパーが利用するにあたり、トランザクションベースまたはパーソナライズされた通知を推奨している。現状、広告やプロモーションメッセージのための通知利用は不可、さらに頻繁な通知も許容されないというルールがある。

デベロッパー向けの通知機能の申し込みページは以下。

Photo: Amazon

なお、国の選択では日本は選べるが、アメリカ・イギリス・ドイツのスキルを持っているかを聞かれる項目があるため、日本語スキルでは適用されないかもしれない。



関連記事(スマートスピーカー / AIスピーカー関連)
ロボスタ / Amazon Echo

ロボスタ / Amazon Alexa

ロボスタ / 音声アシスタント特集


関連Facebookコミュニティ
Amazon Echo fan club japan


ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。