「Amazon Echo」の開発環境が日本語版「Alexa」に対応。スキルの開発が可能に

本日11月8日、東京・ベルサール渋谷ガーデンにて、「Amazon Alexa」と「Amazon Echo」の記者発表会が開催された。その中で、「開発環境」についての発表も行われている。


Amazon Echoの「スキル」とは

Amazon EchoにはAI音声アシスタント「Alexa」が搭載されている。そして、Alexa用のアプリは「スキル」と呼ばれている。ユーザーがAmazonのスキルストアで好きなスキルを選んで「有効化」することにより、自分の持っている「Amazon Echo」などのAlexa搭載デバイスで使用することができるようになるのだ。


開発環境が日本語版に対応!

これまでも、Amazonの開発者コンソールにて、海外向けのスキルを作成することが出来た。今回の発表では、日本語版「Amazon Echo」に合わせて、開発環境が日本語のスキル作成に対応したことが発表されている。


日本語が追加されている!


気になる課金は?

AlexaのSkillは基本的に無料で、有料販売やアプリ内課金はできない。(例外的に、サブスクリプション対応のスキルが1本だけ公開されている。)

その代わりに、Amazonが特定のカテゴリのスキルに対して、人気の高いスキルを開発した人に現金で報酬を支払うプログラムを実施している。本日の発表では、このプログラムについての発表はなかったが、日本でもぜひ実施してもらいたい施策の一つだ。


スキルを公開して報酬を貰える

海外では、「Rewards for Alexa Skill Builders」というキャンペーンが毎月行われている。グッズ(11月は、パーカー)がもらえるほか、ストアで最初の30日間に100人がスキルを使用した場合に「Echo Dot」がもらえるといったものだ。

残念ながら、こちらも日本での実施の発表はなかったが、ぜひ実施してもらいたい。これにより、スキルの数は爆発的に増えていくことだろう。

こうおもった

これで、日本語対応のSkillが作成できるようになりました! いままではドキュメントが英語だったので、日本語になってくれると嬉しいです!わーわー。



関連Facebookコミュニティ
Amazon Echo fan club japan


ABOUT THE AUTHOR / 

西田 寛輔
西田 寛輔

とのさまラボ代表。ハイパーメディア・ロボット・クリエイターとして、ロボットアプリの開発を行うほか、自身でもロボットを開発中。ソフトバンクロボティクスが主催する公式アプリコンテストでは2大会連続ファイナリストに選出されるなど、数々の実績を持つ。2016年に、ヒトとロボットの音楽ユニット mirai capsule を結成。ロボスタでは、ロボットエバンジェリスト/スマートスピーカーエバンジェリストとして活動中。

PR

連載・コラム