ロボット「Tapia(タピア)」2周年記念企画・オリジナルユニフォーム着用モデルが本日から予約受付開始!

MJIが開発・製造・販売を行う卵型のコミュニケーションロボット「Tapia(タピア)」の2周年記念企画として、オリジナルユニフォーム着用モデルの予約が本日から開始された。


本日から予約受付開始

オリジナルユニフォームは既報の通り、デニム生地を活かした『フード付きデニムパーカースタイル』となっており、ロボット用アパレルブランド「ROBO-UNI」を展開するRocket Road株式会社が担当している。


オリジナルユニフォームはデニム生地を活かした作り

「タピア製品版+フード付きデニムパーカーユニフォーム」での販売となり、限定10台の予約販売。金額は税別98,000円。これは通常販売されているモデルと同価格となっているため、相当お得感を感じられる。

この2周年記念オリジナルユニフォーム着用モデルの予約は、ユニフォームを担当しているRocket Road株式会社が運営しているロボユニ公式ショッピングサイトのみとなっているので注意が必要だ。なお、発送は2018年10月中旬を予定している。


デニムパーカーユニフォームを着せると雰囲気が大きく変わる

Tapiaは、ロボットが活躍するホテル「変なホテル舞浜」の全客室に導入されているなど、一般ユーザーだけでなく法人利用も進められている。

ABOUT THE AUTHOR / 

ぱっぺー☆あさひ
ぱっぺー☆あさひ

衛星放送、インターネットなど時代の先端の端っこにいて、今はロボット業界に身を置いています。 ロボットスタートでは広告営業をメインにしていますが、ロボティクススーツを着ることでロボット型人間『ぱっぺー』に。 近頃頑張っているアイドルを見ると泣いてしまう。「HKT48」を推しつつも「NGT48」「=LOVE」が気になっています。最近は取材の予習で聴いた「夢みるアドレセンス」の楽曲の良さに驚く。 長年の夢だったTBSラジオデビューを果たしました。 誕生日の夜は今年も一人かも知れないと不安しかありません。

PR

連載・コラム