アメリカで発表された「Amazon Alexa」の新機能がすごすぎる! 全24機能を一挙紹介 - (page 4)

Alexaの子供向けの3つの新機能


22. Kid Routines


子供用のAIアシスタント「Amazon FreeTime on Alexa」での機能改善も進んだ。

親が事前にAlexaルーチンを設定しておけば、子どもが「Alexa、おやすみ!」といったときに、親からのメッセージを発話し、ライトを消して、寝やすい音楽を再生するといった一連の作業を自動化できる。


23. Kid Podcasts


FreeTime Unlimitedの利用者はAudibleの子ども向けコンテンツを1,000以上楽しむことができる。子どもたちの年齢に合わせたニュース、ストーリーなどが用意されているので、さまざまな年齢の子どもたちも利用可能となっている。


24. Kid Activity Skills


FreeTime Unlimited向けのAlexaスキルとして、子どもが楽しんで学べるコンテンツが多数用意されている。例えば、子どもが家で動物の真似をして遊べる音声ゲーム「Animal Workout」はレビューで高評価のスキルとなっている。

僕はこう思った:

Googleにキャッチアップしている部分もいくつかありますが、他社にない新しい取り組みも多数含まれており、感心しました。Amazonが本気でAlexaの改善に取り組んでいるのがよくわかるニュースでした。



Source:Amazon

ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム