空飛ぶコーヒー あの有名店のコーヒーを公園にドローン配送するサービスを期間限定で実施

TOMPLA株式会社は新潟市とコーヒーチェーン店と連携し、ドローンを使用したコーヒー配送サービスを2022年1月8日に限定で実施したことを発表した。コーヒー専門店との共同によるドローン配送は国内初の事例となる。


ドローン配送コーヒー店が限定オープン

ドローンを使用したコーヒー配送サービスでは事前に予約したユーザー(消費者)からの注文により、店舗でのコーヒーの準備を行い、ドローンで配送。ドローンは商品を載せ、紫竹山の飲食店エリアから発進し鳥屋野潟を通過(一部県道を跨ぐ)、県立自然科学館裏手の公園に着陸し、ユーザーにコーヒーを届けた。





同サービス提供の際はコーヒーチェーンにおける実際のオペレーションと連動し配送することで、ドローン配送の消費者ニーズや実店舗導入における検証を行った。同社は新潟県内のドローン宅配の拡大を皮切りに、日本国内でのドローン配送サービスの一般化に向け準備を進めている。


実施内容

・配送時間
通常陸上のデリバリーでは、注文から15分以上かかる距離を10分程度で配送が可能となった。

・商品品質
グローバルチェーンのオペレーションと共同しサービス提供したことで、シームレスな連携のために必要な視点を獲得。

・顧客の声
一般顧客の利用にあたって多くの声を得た。(配送料金設定など)

・CO2削減
ドローンでの配送は電力を用いた配送であるため、ガソリンに比べ排出量削減につながる。ESGやSDGsを目指した配送の実現が可能。

【実証実験協力パートナー】
新潟市/株式会社村山興業/株式会社ガゾウ/新潟県イノベーション拠点NINNO/一般社団法人ドローン普及協会ほか(敬称略)
※ドローンポート場所提供:株式会社ローソン、県立鳥屋野潟公園


TOMPLAについて

トンプラはドローン社会における安心を届けるインフラ企業。空の移動を誰でも安心して手軽に利用できることで、人の物理的・身体的制約を解放し、効率化と不可能であったことを可能にし、それらによる人の幸せを生み出す。2021年6月に日本初の政令指定都市の駅前での実証実験後、信濃川での店舗への導入実証実験など行政と連携したドローン配送の実証実績を保有している。(2021年度経済産業省地域デジタル化拠点事業採択/2021年度新潟市概念実証支援制度採択)

関連サイト
TOMPLA株式会社

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム