Qrio、スマートロック新商品『Qrio Lock』を7月19日(木)一般発売  予約販売特典付きの1000台が予約初日で完売

国産スマートロックメーカー最大手、Qrio株式会社は、「Qrio Smart Lock(キュリオスマートロック)」の次世代機である、スマートロック新商品『Qrio Lock(キュリオロック)』を2018年7月19日(木)より一般発売することを発表した。

スマートロック新商品『Qrio Lock(キュリオロック)』

約3年ぶりとなる新商品Qrio Lockは直販サイトQrio StoreAmazonで予約販売の受付を開始しており、販売価格は23,000円(税抜)となっている。



Qrio Lockの主な特徴

「Qrio Smart Lock」のユーザーから要望が多かったレスポンスの改善や、β版として提供されていたハンズフリー機能の実装、オートロック機能の大幅改良などが行われている。


施錠・解錠動作レスポンスを大幅改善


従来モデルの「Qrio Smart Lock」ではアプリ操作から施錠・解錠動作の反応に数秒かかっていたのが大きな不満となっていたが、開発によりセキュリティ強度を高めつつ、開錠時に必要なデータの量を減らすことに成功。

『Qrio Lock』ではアプリ操作のレスポンスを極限まで改善し約1/8に短縮、ほぼ即時解錠される。



ハンズフリー解錠

帰宅時、スマートフォンを持って自宅ドアに近づくだけで、カギを解錠することができる機能を新たに実装。手がふさがっている時でも、カギを探したり取り出したりする手間がなくなる。同機能は「Qrio Smart Lock」ではβ版として提供されていたが、GPSとiBEACONを用いることでより高い精度を実現した。


オートロック機能

ドアを閉めるだけで、自動的にカギを施錠することができる機能。自宅のドアをオートロック化することで、締め忘れが防止できる。「Qrio Smart Lock」では一定時間経過後に自動的にカギを施錠する機能だったが、今回、ドア枠に設置するマグネットセンサーがドアの開閉状態を記憶する仕様にすることで、ドアが閉まったタイミングを逃さずに自動施錠が可能になった。


高品位かつ機能的なデザイン

製品サイズをより小さく、小型化、低背化に成功した。特に低背化することで、度々発生していた「設置したQrioが落下してしまう」事故の防ぐことができるという。

また、カラーを様々なドアに合わせやすいマットブラックに変更し、金属パーツを多用した高品位なデザインになった。



現行機「Qrio Smart Lock」の機能はそのまま

以下の主な機能・特徴は引き続き利用できる。
 ・スマートフォンで自宅ドアの解施錠が出来る
 ・合鍵を発行してシェア出来る
 ・自宅ドアの施錠・解錠操作の履歴が表示可能
 ・工事不要で自宅玄関ドアロックに簡単に取り付け可能
 ・「Qrio Hub」と組み合わせて遠隔操作が出来る



今後はスマートホームへの利用やサービス連携への期待も高まる


ソニー株式会社と米国の投資会社、Willの合弁会社から出発したQrio株式会社は昨年9月に完全子会社化されソニーグループの一員へと生まれ変わった。このことで同グループIoTサービスを展開していくソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社と更に緊密な連携を進めていくという。

国内同業他社としてスマートロックを製造する株式会社Photosynth(Akerunを販売)はオフィス向けに、株式会社ライナフ(NinjaLockを販売)は不動産業向けとB2Bへと特化していった。唯一、一般向けに製品を販売するQrioは、一般住宅向けの様々なサービスと連携していく。

左からQrio株式会社 Lock事業部 事業部長 高橋諒氏
同社代表取締役 西條晋一氏
同社取締役/ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社IoT事業部門ビジネスプラットフォーム部サービスシステム課課長の井宮大輔氏



▼ Qrio Lock概要

商品名 Qrio Lock(キュリオロック)
型番 Q-SL2
一般発売開始予定日 2018年7月19日(木)
価格 オープン価格 ※Qrio Store販売価格 23,000円(税抜)
主な特徴 スマートフォンで自宅ドアの解施錠が出来ること/vb施錠・解錠操作のレスポンスを極限まで短縮/ハンズフリー解錠機能/オートロック機能/合鍵を発行してシェアできること/自宅ドアの施錠・解錠操作の履歴を表示/工事不要で、自宅の玄関ドアロックに簡単に取り付け可能
製品サイト https://qrio.me/smartlock/
直販サイト https://qrio.me/store/smartlock/

■【動画】Qrio Lock(キュリオロック) | 最新スマートロック製品紹介動画




予約販売特典について

同社直販サイトであるQrio Storeでは『Qrio Lock』を予約を申込した先着1,000名への特典としてQrio Key(2018年8月16日一般発売開始予定)の無料配布を発表。初日で1,000台の予約を突破する好調ぶりを見せた。今後も引き続き、一般販売開始予定日である2018年7月19日(木)まで、予約販売を受け付けるという。

なお、予約商品は予約受付順に順次発送を行う予定だが、多数の予約があった際は、発送までに時間がかかる場合や、Qrio Store以外の予約窓口と発送順が前後する場合もあるとのことだ。


【オプションのリモコンキー『Qrio Key』】
スマートフォンなしでもスマートロック『Qrio Lock』の施錠・解錠操作ができるリモコンキー『Qrio Key(キュリオキー)』を8月16日(木)に一般発売する。
『Qrio Key』を仮に紛失してしまっても、登録者のスマートフォンからカギの権限をリセットすることができ、拾得者が自宅に侵入するリスクを抑えられる。

▼ Qrio Key概要

商品名 Qrio Key(キュリオキー)
型番 Q-K1
一般発売開始予定日 2018年8月16日(木)
メーカー直販価格 4,500円(税抜)
主な特徴 Qrio Lockを操作できるリモコンキー/スマホなしで自宅ドアの施錠・解錠ができる/カギ権限を設定可能

僕はこう思った:
国産唯一の民生向けスマートロックQrio。Amazonの受け取りに四苦八苦しているのでぜひ購入してみようと思う。
それにしても、Sonetを展開するソニーネットワークコミュニケーションズとの関係が強くなったためか、会場にはイメージキャラクターであるPostpetのモモが来ていた。
相変わらずむちゃくちゃかわいい。
手紙だけでなく小包も届けてほしい。


関連サイト
Qrio株式会社

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム