【Alexa Skill開発】Amazon Alexaスキル向けの新テストシミュレータβ登場、Echo Showにも対応

2017年12月14日、Amazonが自社ブログにてAlexaスキル開発者のための新しいテストツールを発表した。



新しいテストシミュレータ(Beta)

Image: Amazon

この新しいテストシミュレータ(Beta)を使うことで、Alexaデバイスを持っていなくても、Alexaスキルを開発しテストできるという。そして、このツールは世界中で利用可能で、もちろん日本語でも検証できる。



Image: Amazon

テストシミュレータのスクリーンショットを見ると、会話に応じてAlexaスキルがどのように反応するかを追跡、検証しやすい設計になっていることがわかる。

今回のツールで注目ポイントはEcho Show向けにディスプレイを使うスキル開発もテストできることにある。まだEcho Showは3カ国のみで販売されているだけで、日本でも購入はできない。ただ今後に向けてデバイスの入手前にスキル開発を進めることができるのは朗報だろう。なおEcho Showとはディスプレイサイズが異なるEcho Spotについては今回のリリースではサポートされていないが、2018年中にサポートされる予定だ。




Alexaスキル開発者関連記事
【音声アシスタント開発】アナタの好きなロボットはなんですか?AlexaのSkillを自作してみた!

7月31日開催の「音声アシスタント勉強会」で「Amazon Alexaスキルの作り方」や「業界最新情報」を学ぼう!

Alexa Skill登録数が2万超!スマートスピーカー用スキル開発講座「Voice User Interface Designコース」と「AI音声アシスタント勉強会」

【Alexa Skill開発】AmazonとCodecademyによる無料「Alexaスキルコース」で勉強しよう

【Alexa Skill開発】AmazonとMakers Academy、Ruby開発者向けに「Alexaスキル開発トレーニングコース」開始

「Amazon Echo」の開発環境が日本語版「Alexa」に対応。スキルの開発が可能に

【Alexa Skill開発】日本語スキル開発の関連情報まとめ

【Alexa Skill開発】新機能「Progressive Response」登場!

「Amazon Echo」のWEBシミュレータ「Echosim.io」が日本語に対応! アマゾンエコーなしでもスキル開発が可能に

Hackster.ioがスマートホームのコンテスト「Alexa and Arduino Smart Home Challenge」開催

Alexaスキルのマネタイズ手法に「課金」が追加、2018年から利用可能に

【Alexa Skill開発】新機能「通知機能」プレビュー版が拡大へ

【Alexa Skill開発】新機能「Amazon Voice Profiles」で話者を識別してパーソナライズしたスキル開発が可能に

【Alexa Skill開発】Amazon Alexaスキルをよりユーザーに使ってもらうための7つのコツ


関連記事(スマートスピーカー / AIスピーカー関連)
ロボスタ / Amazon Echo

ロボスタ / Amazon Alexa

ロボスタ / 音声アシスタント特集


関連Facebookコミュニティ
Amazon Echo fan club japan


ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。