メルセデス・ベンツが生産工場にデジタルツインを導入 NVIDIA Omniverseでデジタルファーストを推進、世界中の工場を同期

メルセデス・ベンツは工場の設計と計画の効率化にデジタルツイン「Omniverse」を導入していることをCESで発表した。NVIDIAと連携する(既に速報「NVIDIA「CES 2023特別講演」動画を公開 メルセデスなど導入事例も多数紹介、ロボットのシミュレータやデジタルツイン導入が進む」でも掲載)。
メルセデス・ベンツは、ドイツのラシュタットにある工場で、電気自動車専用の新しいプラットフォームの生産を開始する予定で、シミュレーション環境をデジタルツインで実現して貢献する。



Omniverseによるデジタルツインの構築は、これまでもBMWやAmazon Rotics、エリクソン、ドイツ鉄道などの事例が紹介されてきた。(以下、NVIDIAブログを元に記事を作成)


最先端の工場に最先端の計画システム

メルセデス・ベンツはCESにおいて、製造および組立施設の設計と計画にNVIDIA Omniverseプラットフォームを使用して、生産プロセスのデジタル化を次の段階に進めていることを発表した。


電気自動車「EQA」を製造しているドイツ、ラシュタットのメルセデス・ベンツ工場。

NVIDIA AI とメタバース・テクノロジーを活用することで、メルセデス・ベンツは廃棄物の削減、エネルギー消費を低減、品質の継続的な向上を実現させるためにフィードバック ループを構築しているという。


「NVIDIA DRIVE Orin」と「NVIDIA DRIVE Sim」プラットフォーム
メルセデス・ベンツ はこれまでNVIDIAと協力し、ソフトウェア・デファインドの車両の開発に取り組んでいる。 同社の今後のフリートは「NVIDIA DRIVE Orin」集中型コンピューティング上に構築され、インテリジェントな運転機能は「Omniverse」上に構築された「NVIDIA DRIVE Sim」プラットフォームでテストおよび検証されている。


メルセデス・ベンツの最新の発表は、よりスマートで効率的な製造により、AI とメタバース・テクノロジーがメルセデス・ベンツの開発プロセスにさらに連携することを示している。




デジタル・ファースト・プロセスに基づき構築

車両生産は、何千もの部品と労働者が調和して動く必要がある巨大事業。サプライチェーンや生産に問題を抱えると、それらは費用がかかる深刻な遅延につながる可能性がある。


さらに、自動車メーカーが新しいモデルを発表する際、新たな車両設計を考慮して生産工場のレイアウトを再構成する必要がある。 このプロセスは時に、工場の大部分がオフラインになる可能性を伴い、既存の車両の製造が一時停止することもある。


メルセデス・ベンツは、ドイツのラシュタットにある工場で、電気自動車専用の新しいプラットフォームの生産を開始する予定だ。 この工場では現在同社の「Aクラス」と「Bクラス」「コンパクトSUV」のGLA、全電動のメルセデス・ベンツ「EQA」を製造している。

NVIDIA とメルセデス・ベンツのオペレーションの専門家は、現場でのコンパクトカー・モデルの現在の生産を中断させない「デジタル・ファースト」で工場の計画プロセスを構築している。この青写真は、より機敏な車両製造のために、世界のメルセデス・ベンツ生産ネットワークの他の部分にも展開されるという。


デジタルツインで開発

NVIDIA Omniverse は、オープン3D開発プラットフォームであり、あらゆる業界の企業や機関が、産業および科学のユースケース向けにデジタルツインを構築、および運用できるように推進する。これはUniversal Scene Description (USD)形式で生成され、企業や開発者がカスタム3Dパイプラインを構築してデータのサイロ化を解消し、集約されたシミュレーションでSSOT情報と対話できるようにする。

Omniverseを使用することで、メルセデス・ベンツのプランナーは工場のデジタルツインにアクセスし、必要に応じて工場全体を見直し、最適化できる。すべての変更は、仮想世界で迅速に評価および検証され、現実世界に実装されて、工場労働者の効率と人間工学を最大限に高めることができる、としている。

さらに、メルセデス・ベンツ は、Omniverseを社内のMO360データプラットフォームに接続(Microsoft Cloudと自動車工場を接続)することで、世界中のどこの工場でも同期できるようになる。
この機能により、グローバルな生産ネットワーク全体で運用が合理化され、製造装置への無線によるソフトウェア アップデートが可能になるとしている。

メルセデス・ベンツは自社の車両と同様のインテリジェント性を、NVIDIA Omniverseで生産を計画することによって製造システムにも実装する考えだ。

■Mercedes-Benz Adopts NVIDIA Omniverse for Vehicle Assembly and Production Planning

■日本語字幕表示可能 (タイムライン43分くらいより)

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム