【Loup Ventures調査】米国スマートスピーカー評価結果、Amazon Echo、Google Home、HomePodの回答率は?

2018年2月10日、Loup Venturesが発表したスマートスピーカーの評価テスト結果、市場調査予測のレポートを紹介する。




スマートスピーカー比較調査

782の質問を含むスマートスピーカーの比較調査の結果が発表された。回答の正解率は、Google Home 81%、Amazon Echo 64%、Microsoft Cortana 57%、HomePod 52%となった。


Data:Loup Ventures / Image: robot start inc.

ただし、質問の中でナビゲーション、カレンダー、電子メール、通話など一部の領域はHomePodは現時点でサポートされていないこと、またiPhoneのSiriでは検索結果を表示する場合もHomePodでは現時点で回答できないことも影響している。質問の中からこれらの質問を除外すると、正解率の結果は大きく変わる。Google Home 81%、HomePod 67%、Amazon Echo 64%、Microsoft Cortana 57%となる。Googleの回答率が高いことには変わりがないが、それ以外のライバルをHomePodが凌いでいるのは注目ポイントだ。


Data:Loup Ventures / Image: Loup Ventures

カテゴリ別でのグラフも公開されているが、Googleの強さが伺える。結果となっている。


HomePodの販売台数予想

Loup VenturesのHomePodの販売台数予測も発表されている。

2018年販売台数は700万、2019年1,090万、2020年1,530万、2021年2,000万を超えるという予想だ。初期の人気具合はApple Watchに似た動きとなっているという。


Data:Loup Ventures / Image: robot start inc.


HomePodの価格推移予想

Loup VenturesはHomePodの価格が急激に値引きされていくと予想している。

2018年ホリデーショッピングシーズンで299ドルに、2020年には199ドルに、2022年には149ドルにまで下がるという予想だ。


Data:Loup Ventures / Image: robot start inc.


市場シェアの変化

2018年に、Amazon Echoが52%、Google Homeが32%、HomePodが12%、その他4%。そして2022年には、Google Home 48%、Amazon Echo 37%、HomePod 12%、その他3%に変化すると予測している。

Appleがシェアを維持しながら、GoogleがAmazonのシェアを奪うという予想だ。


Data:Loup Ventures / Image: robot start inc.



ロボスタ編集部では過去に以下のようなレポートを紹介してきた。あわせて参考にしていただければと思う。


関連記事(スマートスピーカー市場調査・予測関連)
AI音声アシスタント市場が過熱! 2020年までに市場規模は2,275億円へ

米国のAI音声アシスタント、販売数・スキル数が大幅増加中、しかし・・・利用度合いは低い

スマートスピーカーの米国利用者が前年比2.3倍の3,560万人に! Amazon Echoは70%超のシェアを獲得

AI音声アシスタント、2021年までに75億台のデバイスに導入へ

Amazon Echoは何に使われてるの? 米国でのスマートスピーカーの利用方法、調査結果まとめ

数ヶ月後、英国で「Amazon Echoの世帯所有率が40%になる」との予測が発表!

米国スマートスピーカーが日本上陸!どんなふうに使われてるの?最新調査結果を見てみよう。

【世界スマートスピーカー市場予測】2017年に出荷台数2,400万台、市場シェアはAmazon 70%・Google 15%へ。

【ニールセン調査】スマートスピーカーに対する期待値は?

【NuVoodoo調査】Amazon Echo、持ってる?どこで使ってる?何に使ってる?

【Forrester調査】米国のスマートスピーカー、2022年には世帯普及率50%超へ

【CIRP調査】米国のスマートスピーカー市場、現時点での出荷台数、市場シェアは?

【Juniper調査】米国のスマートスピーカー、2022年には世帯普及率50%超へ

【Strategy Analytics調査】AIバーチャルアシスタント搭載スマートフォン市場シェア、2022年までには大きく変動?

【AI搭載機器とサービスの市場予測】2025年度のスマートスピーカー国内市場は165億円へ!富士経済が分野別にAIの動向を調査

【Voicebot.ai調査】Amazon Echoオーナーに聞いたら、画面付きAmazon Echoが欲しい人は半数以上

【Adobe調査】2017年米国のホリデーシーズン、スマートスピーカーが大人気

【Dashbot調査】米国AIスピーカー利用者、毎日音楽を聞いて満足、ただし利用スキルは少なめ

【Jacobs Media Strategies調査】2017年ホリデーシーズン、AIスピーカー所有者の61%はさらに追加購入、持ってない人も20%は購入へ

【Dashbot調査】2017年11月、Amazon Alexaスキルストアのランキングで見る米国スキル最新トレンド

【Pew Research Center調査】米国成人の46%がAI音声アシスタントを利用、スマホからの利用が多い。

AIスピーカー、購入時に重視するポイント1位は「機能」?それとも「価格」?

【Strategy Analytics調査】2017年第三四半期の全世界スマートスピーカー出荷台数予測740万台、市場シェア予測はAmazonが67%、Google 25%

【エルテックス調査】2017年12月、国内のスマートスピーカー所有率は2.5%、今後スマートスピーカーが欲しい人は14.5%

【Arizton調査】世界スマートスピーカー市場規模予測、2022年に5,400億円へ

【Canalys調査】世界スマートスピーカー出荷台数予測、2018年に5,630万台へ

【Edison Research / NPR調査】2017年アメリカのスマートスピーカー利用調査

Amazon Echoのおかげ?世界のストリーミング音楽サービス、Amazon Musicのシェアが上昇して3位に。

【CIRP調査】2017年Q4アメリカのスマートスピーカー出荷台数・シェア調査、Googleのシェアが30%超へ

【モニタス調査】2018年1月国内のスマートスピーカー所有率は2%

【Audio Publishers Association調査】オーディオブックをスマートスピーカーで聞く人は2割弱

【Tractica調査】エンタープライズ向けバーチャル・デジタル・アシスタント市場は、2025年にユーザー数10億超へ

【Slice Intelligence調査】Apple HomePodの売れ行きは?どんな人が予約した?

【Kantar調査】Apple Music加入者はHomePodを買う可能性が9倍高い



関連Facebookコミュニティ
Amazon Echo fan club japan


関連Facebookコミュニティ
Google Home fan club japan


関連Facebookコミュニティ
Apple HomePod / Siri fan club japan


ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム